このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000238475
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-180026
事例作成日
(Creation date)
2016/08/27登録日時
(Registration date)
2018年07月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年07月13日 00時30分
質問
(Question)
「尖閣諸島」といつごろから呼ばれるようになったか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載がありました。※【 】内は当館請求記号です。

資料1 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 47』角川書店, 1986【291.03/ニ11/47】
p.428 「尖閣諸島」の項
「(前略)明治30年の旧帝国海軍省版の海図では釣魚嶼、ピナクル(尖頭あるいは尖閣)諸嶼、黄尾嶼と3つに区分され、全体を総称する名称は記されていない。同33年この諸島の調査探検にあたった黒岩恒が、「尖閣列島」と命名し(地学雑誌12-140)、以来尖閣列島と呼ばれるようになった。戦後は尖閣群島とも呼ばれたが、1970年代からは尖閣諸島と呼ぶようになった。(後略)」

資料2 『日本歴史地名大系 48』平凡社, 2002【291.03/ニ12/48】
p.695 「尖閣諸島」の項
「(前略)「尖閣」の名称はイギリス軍が岩礁の形から使用したピナクル(尖塔)に由来し、一九〇〇年(明治三三年)の学術調査時に沖縄師範学校教諭黒岩恒が当諸島の総称を「尖閣列島」と命名した。太平洋戦争後「尖閣群島」とも呼称されたが、七〇年代以降「尖閣諸島」と呼ばれている。」

資料3 中名生正昭『尖閣、竹島、北方四島』南雲堂, 2012【319.1/12Z】
p.23 「第一部 尖閣諸島」/「Ⅰ 定住日本人が中国漁民を救う」の項
「「尖閣列島」という名称も一九〇〇年(明治三三年)、学術調査に当たった黒岩恒の命名によるもので(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
図書館
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000238475解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!