このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000238192
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-400
事例作成日
(Creation date)
2018年04月19日登録日時
(Registration date)
2018年07月06日 15時43分更新日時
(Last update)
2018年07月11日 11時10分
質問
(Question)
京都の開智小学校の校名の由来は?
回答
(Answer)
『開智』(①)のpp.3-4によると、もとは下京十三区小学校(その前は下京第11番組小学校)であった校名を明治8年12月「開智」と改称しており、当時の槙村正直知事による命名と書かれている。槇村知事が書いた扁額の書も掲載。

『開智校百年誌』(②)のp.66でも槇村知事の命名としているが、その由来までは書かれていない。

『学びやタイムスリップ』(③)のpp.19-21に京都市の小学校の校名由来は学区の通りの名や歴史的地名と色々あるが、開智小学校は由来わからずとのこと。文字の通り「智を開く」という意味が込められたのではないかと推測している。③の編者は京都市学校歴史博物館(開智小学校の校舎を改修してできた施設)の学芸員である。

『京都小学三十年史』(④)にも校名由来なし(該当箇所pp.805-807)。

「開智」名の学校は長野の開智学校や埼玉、和歌山にもある。
長野・松本の開智学校の名の由来について松本市公式ホームページ「近代教育の夜明けと旧開智学校」に記載あり(⑤)。明治5年の学制発布の際に公布された「被仰出書」の文中にある「其身ヲ修メ智ヲ開キ才芸ヲ~」から命名されたとされている。
回答プロセス
(Answering process)
書庫の学校史の辺りをブラウジングする。
開智小学校の校史を探す。
参考として長野の開智学校の名の由来も調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
幼児.初等.中等教育  (376)
参考資料
(Reference materials)
① 京都市開智尋常小学校編. 開智. 駸々堂出版部, 1940.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003570402-00  (当館請求記号:K151||376.2||KY6||)
② 開智小学校創立百周年記念事業委員会. 開智校百年誌. 開智小学校創立百周年記念事業委員会, 1969.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I064803543-00  (当館請求記号:K151||376.28||Ka21||)
③ 京都市教育委員会京都市学校歴史博物館 編 , 和崎光太郎, 森光彦 執筆. 学びやタイムスリップ : 近代京都の学校史・美術史. 京都新聞出版センター, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027692466-00 , ISBN 9784763806901 (当館請求記号:K1||372.162||Ky6||)
④ 京都市小学校創立三十年紀念会 編. 京都小学三十年史. 第一書房, 1981. (日本教育史文献集成 ; 第1部 地方教育史の部 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001532787-00  (当館請求記号:K1||376.216||Ky6||)
⑤ 松本市ホームページ「近代教育の夜明けと旧開智学校」
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/sisetu/marugotohaku/gakko/kaichi_profile.html
(最終確認日:2018-07-02.)
キーワード
(Keywords)
開智小学校
槙村正直
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000238192解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!