このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000236606
提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 17Q-30
事例作成日
(Creation date)
2018年03月24日登録日時
(Registration date)
2018年05月31日 11時59分更新日時
(Last update)
2018年09月05日 11時36分
質問
(Question)
1889年11月28日付で、ラフカディオ・ハーンがウィリアム・パットンという人に書簡を出しているのだが、その原文を探している。
回答
(Answer)
お探しの書簡は『Lafcadio Hearn's American days』p.328に掲載されています。また、同書の日本語訳版『ラフカディオ・ハーンのアメリカ時代』も所蔵があります。ご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
『小泉八雲全集』は未見とのことだったので、まずはこれから調査。1889年の書簡は第9巻に所収だったが、パットン宛はなし。本人曰く、あまり有名な人ではないので収録されてないのかも、とのこと。『小泉八雲草稿・未刊行書簡拾遺集』も見るが、なし。
インターネットで調べてみると、『Complete Letters of Lafcadio Hearn(小泉八雲書簡集完全版)』が2018年中に出版予定らしい。
パットンの原綴りを教えてもらい、「hearn wllliam patton letters」でGoogleを検索すると、『島根大学ラフカディオ・ハーン研究会ニューズレター』第3号PDFがヒット、p.1に該当の書簡の一部が引用されていた。典拠によれば、Edward Larocque Tinker 『Lafcadio Hearn's American days』 p.328。当館はこれのリプリント版を所蔵しており、該当ページを見てみると、お求めの書簡が掲載されていた。
今回は原文希望だったが、日本語訳の『ラフカディオ・ハーンのアメリカ時代』もあることがわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
『Life and letters of Lafcadio Hearn』 全4巻は利用者自身が既に調査済み。
NDC
日記.書簡.紀行  (915)
参考資料
(Reference materials)
Edward Larocque Tinker et al. Lafcadio Hearn's American days. Edition Synapse, 2008. (Early biographical sources on Lafcadio Hearn / edited and introduced by Junko Umemoto ; v. 3) (当館請求記号 N8*930.28*403*3, 当館資料番号 210699990)
E・L・ティンカー著 ; 木村勝造訳. ラフカディオ・ハーンのアメリカ時代. ミネルヴァ書房, 2004. (MINERVA歴史・文化ライブラリー ; 4), ISBN 4623040569 (当館請求記号 N8*930.28*2460, 当館資料番号 230516904)
キーワード
(Keywords)
Hearn, Lafcadio ; ハーン, ラフカディオ
Patton, Wllliam : パットン, ウィリアム
書簡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
クイックレファレンス
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
校友
登録番号
(Registration number)
1000236606解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!