このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233070
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001030024
事例作成日
(Creation date)
2018/01/31登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月24日 00時30分
質問
(Question)
『影の病』という作品について知りたい。芥川龍之介の著作であると聞いた。
回答
(Answer)
以下の調査資料によりますと、結論としては、芥川龍之介の著作として『影の病』という作品はありませんでした。ただ、芥川龍之介が学生時代に怪談や奇談を蒐集し書き留めたノート『椒図志異』の中に、江戸時代の女流文学者・只野真葛が東北地方の奇談を集めた『奥州波奈志』に収録されている「影の病」が書き写されています。『椒図志異』の「影の病」は只野真葛のものから最後の四行ほどの内容が省かれており、その他にも若干、表現上の差異が見られます。しかし、『芥川龍之介全集 第23巻』(岩波書店)収録の「影の病」の末尾に「奥州波奈志(唯野真葛女著 (仙台の医工藤氏の女也)」と出典が書かれており、芥川の創作した著作物とはいえないようです。

以下、調査した資料です。
■『椒図志異』について
・『芥川竜之介大事典』(志村有弘/編 勉誠出版 2002.7)p.507
「椒図志異」の解説に「一高から帝国大学時代に、書かれたノート。【収録】生前未発表。全集第二三巻収録。【内容】昭和三十年(一九五五)六月、葛巻義敏編で、ひまわり社から写真復刻版(三〇〇〇部)で初めて公にされた。更に、同年八月刊行中だった小型版『芥川龍之介全集』第一九巻に収められた。写真復刻版によればノートの著名は「芥川龍之介」となっている。また、その「解説」で、葛巻は、「これらのノートは、芥川龍之介が旧制高校から大学時代にかけて、先輩、知己、友人、家族、その他等から聞き、また読書などによって識り得た『妖怪』談等の類を分類し、清書したものである」としている。」とあります。

・『芥川竜之介新辞典』(関口安義/編 翰林書房 2003.12)p.295
こちらにも「椒図志異」の解説があります。


■『影の病』について
・『幻想文学、近代の魔界へ(ナイトメア叢書)』(一柳廣孝/編著 青弓社 2006.5)p.233
「芥川の学生時代のノート『椒図志異』には「影の病」(只野真葛)の書き写しがあり」とあります。

・『芥川龍之介全集 第23巻』芥川竜之介/著 岩波書店 1998.1)
p.90-132まで「椒図志異」が掲載されており、p.133-139まで「椒図志異を含むノート」が掲載されています。その中で、p.132に「影の病」が載っていますが、その末尾に「奥州波奈志(唯野真葛女著 (仙台の医工藤氏の女也)」と記されています。


参考までに、もとになった只野真葛の「影の病」は以下の資料に収録されています。

・『徳川時代女流文学麗女小説集 下』(荒木田麗女/著 1915)
p.34に掲載されています。

※この資料は、国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945488 (2018/1/31現在)
該当のページはコマ番号409です。

・『女流文学全集 第3巻』(古谷知新/編 文芸書院 1919)
p.455に掲載されています。
※この資料も国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/957685 (2018/1/31現在)
p.455はコマ番号236です。

[事例作成日:2018年1月31日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 8版)
参考資料
(Reference materials)
芥川竜之介大事典 志村/有弘∥編 勉誠出版 2002.7 (507)
芥川竜之介新辞典 関口/安義∥編 翰林書房 2003.12 (295)
幻想文学、近代の魔界へ 一柳/廣孝∥編著 青弓社 2006.5 (233)
芥川龍之介全集 第23巻 芥川/竜之介∥著 岩波書店 1998.1 (283)
徳川時代女流文学麗女小説集 下 荒木田/麗女∥著 1915 (34)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945488  (『徳川時代女流文学麗女小説集 下』(荒木田麗女/著 1915))
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/957685  (『女流文学全集 第3巻』(古谷知新/編 文芸書院 1919))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000233070解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!