このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233025
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18020810587777
事例作成日
(Creation date)
2017/11/23登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
以前「ニッポニウム」という元素があったらしいのだが、現在の元素周期表には載っていない。そのことについて書かれている資料はないか。
回答
(Answer)
「ニッポニウム」で検索したところ、『科学に魅せられた日本人』がヒットする。『科学に魅せられた日本人』には、「ニッポニウムの謎をとく-小川正孝の苦闘」にニッポニウムの発見に関することや後にニッポニウムが元素番号75の「レニウム」であったことが紹介されている。

また、『完全図解周期表』にも同様の記載が見つかる。「発見されていたニッポニウム」というコラムの中で、「ニッポニウムは、(中略)小川正孝が発見し、1908年の『ケミカル・ニュース』という雑誌に発表していたものである。」と記載されている。コラムの中では、のちに「ニッポニウム」が、元素番号75の「レニウム」であったことが紹介されている。

なお、『よくわかる最新元素の基本と仕組み』、『面白くて眠れなくなる元素』にも上記と同様の内容が記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
物理化学.理論化学  (431 9版)
参考資料
(Reference materials)
吉原賢二『科学に魅せられた日本人』 岩波書店,2001,226p. 参照はp.6-46.
『完全図解周期表』 ニュートンプレス,2017,199p. 参照はp.197.
山口 潤一郎『よくわかる最新元素の基本と仕組み』 秀和システム,2007,319p. 参照はp.75.
左巻 健男『面白くて眠れなくなる元素』 PHP研究所,2016,267p. 参照はp.193.
キーワード
(Keywords)
ニッポニウム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018020810535987777
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000233025解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!