このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230266
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H29-093
事例作成日
(Creation date)
2017年11月28日登録日時
(Registration date)
2018年02月09日 16時02分更新日時
(Last update)
2018年12月08日 16時53分
質問
(Question)
①坂本龍馬とグラバーの関係について記述のある資料を見たい。
②亀山社中の設立経緯などが分かる資料を見たい。
①・②ともに、簡易的に分かればよい。
回答
(Answer)
①以下の資料を提供した。
『坂本龍馬事典』
『追跡!坂本竜馬』
『明治維新とイギリス商人』
『坂本龍馬と明治維新』
『長崎グラバー邸父子二代』
『トーマス・B・グラバー始末』

②以下の資料を提供した。
『幕末維新の経済人』
『坂本龍馬』(中央公論社)
『坂本龍馬』(岩波書店)
『坂本龍馬事典』
『「株式会社」長崎出島』
回答プロセス
(Answering process)

1 自館OPACを用いて“坂本龍馬” を検索、ヒットした資料の中から、以下を用いて確認した。
『坂本龍馬事典』 志村有弘/編 勉誠出版 2009 【S29911674 R289.1】
P234 “トーマス・ブレイク・グラバー”の項目あり。龍馬との関係については、P235上段最後の行-P236上段にまとめられている。
P54“海事結社”の項目にも記述あり。P55上段14行目-P56上段まで、龍馬とグラバーの関わりについて記述あり。

『追跡!坂本竜馬』 菊地明/著 PHP研究所 2009 【S29968252 289.1】
P141-145に、龍馬の関わった社中やグラバーに関する記載あり。
P144にグラバーの写真あり。

名前の“トーマス”は“トマス”とも表記される。
『明治維新とイギリス商人』杉山信也/著 岩波書店 1993【289.3 S10488294】
P36によれば、父親の名も“トマス”(正式には“トマス・ベリー・グラバー”)と記載あり。

『坂本龍馬と明治維新』マリアス・ジャンセン/著 時事通信社 1987 【S18811281 289.1】
P262下段5行目より、グラバーとグラバー商会についての記述あり。

2 自館OPACにて“グラバー”をキーワードに検索し、ヒットし資料の中から以下を用いて確認した。

『長崎グラバー邸父子二代』 山口由美/著 集英社 2010 【S29704350 S289.3】
第2章「「死の商人」と薩長同盟」」に薩長や龍馬との関係について記述あり。

『トーマス・B・グラバー始末』 内田初穂/著 アテネ書房 2001【S19980200 289.3】
第1部4「薩摩割拠」P108下段-、同部5「蒸気船ユニオン号」(P113-127)などに記載あり。



1 直接書架を確認し、以下の資料を用いて確認した。

『幕末維新の経済人』 坂本藤良/著 中央公論社 1995 【S06877864 S332】
P70-842 章2「亀山社中と新商社構想」に記載あり。

『坂本龍馬』 池田敬正/著 中央公論社 1998 【S06873004 S210.6】
P120-127 Ⅲ「独立のために」の「長崎の結社」に記載あり。

『坂本龍馬』 松浦玲/著 岩波書店 2008 【S28798734 S289.1】
P116~140 第4章「社中から海援隊へ」に記載あり。

『坂本龍馬事典』 志村有弘/著 2009 【S29911674 R289.1】
P58- 「亀山社中」の項目あり。

2 上記の資料の記述から長崎に縁があると考え、長崎関連の資料を確認し、次の資料を参考までに案内した。
『「株式会社」長崎出島』 赤瀬浩/著 講談社 2005 【S23230121 219.3】

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『坂本龍馬事典』 志村有弘/編 勉誠出版 2009
『追跡!坂本竜馬』 菊地明/著 PHP研究所 2009
『明治維新とイギリス商人』 杉山信也/著 岩波書店 1993
『坂本龍馬と明治維新』 マリアス・ジャンセン/著 時事通信社 1987
『長崎グラバー邸父子二代』 山口由美/著 集英社 2010
『トーマス・B・グラバー始末』 内田初穂/著 アテネ書房 2001
『坂本龍馬』 池田敬正/著 中央公論社 1998
『坂本龍馬』 松浦玲/著 岩波書店 2008
『「株式会社」長崎出島』 赤瀬浩/著 講談社 2005
キーワード
(Keywords)
坂本龍馬
トーマス・ブレイク・グラバー
トマス・ブレイク・グラバー
グラバー
グラバー商会
長崎
亀山社中
亀山
明治維新
トーマス・グラバー
トマス・グラバー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!