このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000228466
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2018-01181-般
事例作成日
(Creation date)
2018年1月18日登録日時
(Registration date)
2018年01月16日 11時52分更新日時
(Last update)
2018年01月24日 10時07分
質問
(Question)
年賀状に「魚龍百戯」と書かれていた。①どういう意味か、また、②なぜ年賀状に書いてきたのか知りたい。
回答
(Answer)
①古代中国で行われた雑伎のひとつ。獣が龍に変じて飛び走るもの。転じて「贅沢にふける」という意味もある。
②(推測・資料見つからず)現代中国で春節の催しとして「龍踊」が行われている。おそらく、古代中国の雑技と現代の龍踊をふまえて、おめでたい催し物を表す語として書かれたのではないだろうか。
回答プロセス
(Answering process)
1、『広辞苑』『日本国語大辞典』『大漢和辞典』『中日辞典』四字熟語や故事成語に関する本を見る。「魚龍百戯」で載っているものは見つからなかった。『大漢和辞典』の「魚龍」の項目あり。「百戯」の項目あり。
2、『大漢和辞典』の「魚龍」の出典に『後漢書』とあり、『全譯後漢書 第2册』の注釈を確認。「魚龍曼延百戲」の注として「曼延という獣が魚龍に変化する雑伎である」とある。
3、インターネット検索により『太平御覧』『資治通鑑』に「魚龍百戯」の語があるとあり、国立国会図書館デジタルコレクション『太平御覧 目録15巻〔28〕』(第五百七十三樂部十一歌四・コマ番号98)を確認。国立国会図書館デジタルコレクション『資治通鑑 第172巻 陳紀6,第173巻 陳紀7,第174巻 陳紀8,第175巻 陳紀9』(コマ番号27)を確認。前後の文や注釈などから、様々な獣などが出演する芸能の一種だと分かる。
4、『図説中国文明史 4』に、「空前の活況を呈した百戯」の項目あり。ただ「魚龍百戯」の言葉は見つからず、龍に関する記述もなかった。
5、『日本と世界の祭り』に、現在、中国の「春節」の催し物として、「龍踊」が行われている記述があった。
6、古代中国の雑伎と、現代の「龍踊」を関連づける資料は見つからなかったが、上記の資料と調査経緯を伝える。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
諸橋轍次[著]. 大漢和辞典 巻8. 大修館書店, 1960-05.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000030173-00
諸橋轍次[著]. 大漢和辞典 巻12. 大修館書店, 1960-05.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000030176-00
劉, 煒 , 伊藤, 晋太郎 , 稲畑, 耕一郎 , 劉, 煒 , 伊藤, 晋太郎 , 稲畑, 耕一郎. 秦漢 : 雄偉なる文明. 創元社, 2005. (図説中国文明史)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045917839-00 , ISBN 4422202553
日本と世界の祭り = Festivals from Japan and Around the World. 小学館, 2016. (キッズペディアアドバンスなぞ解きビジュアル百科)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027648576-00 , ISBN 9784092211193
キーワード
(Keywords)
魚龍
百戯
年賀状
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000228466解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!