このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000228315
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001028077
事例作成日
(Creation date)
2017/11/20登録日時
(Registration date)
2018年01月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月15日 00時30分
質問
(Question)
地域活性化施策における、都道府県のマーケティング戦略・実践の良好事例や、関係する調査データ等をさがしています。
回答
(Answer)
<図書>
・『地方創生実現ハンドブック 人や仕事が増え、地方が元気になる処方箋』(トーマツベンチャーサポート株式会社∥著 日経BP社 2015.11) 
内容:地方創生の各地の成功事例をはじめ、全国のベンチャー企業や「地方版総合戦略」の策定に役立つベンチャー企業、地域経済分析システム「RESAS」( https://resas.go.jp/manual/#/13/13101 )や、地方創生にかかわるキーパーソンのインタビューなどを収録しています。
第2章に「地方自治体の成功例に学ぶ」として、「起業促進」、「高齢者活用」、「若者活用」、「観光客誘致」、「移住促進」、「働き方革新」、「産業振興」、「オープンデータ」、「ローカルメディア」の9本のテーマをたて、各々にCASE、課題、施策、成果を付してあり具体的です。データカタログサイト、オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構などのサイト紹介や、「各地の主なローカルメディア」などの各ホームページアドレスなども掲載されています。

・『地域活性化のマーケティング』(古川/一郎∥編  有斐閣 2011.12)
内容:日本マーケティング大賞にて、奨励賞、地域賞、ファイナリストとして取り上げられたものから、地域活性化を考えるにふさわしいものを選び、多岐にわたった事例が掲載されています。
各々の発想の背景や過程も示されており、マーケティングの考え方を踏まえて地域を“経営”する具体的な方策を、優れた事例を示しながら解説しています。

・『地域活性化マーケティング 地域価値を創る・高める方法論』(宮副/謙司‖著 同友館 2014.11)
内容:地域活性化に取組む人に向けて、一過性の集客イベントや話題づくりでない本質的な地域活性化の戦略構築と、実践に向けた様々な参考事例の着眼点を具体的に示しながら、マーケティング要素目線から地域活性化のあるべき考え方、取組み方を紹介。地域産品のブランド化、広義の地域のブランド化、長野県小布施町や、米国ポートランド市の地域活性化の取組みなどが掲載されています。

・『地域ブランディングの論理 食文化資源を活用した地域多様性の創出』
(小林/哲‖著  有斐閣 2016.12)
内容:地域活性化策として注目を集める地域ブランディングについて、ビジネス・ブランディングとの相互関係を明らかにしつつ、その固有な手法・考え方を解き明かす。食文化資源を活用した事例も多数紹介。
「大阪産(もん)」、「食の都・大阪推進会議」などについても掲載されています。

・『地方創生まちづくり大事典 地方の未来、日本の未来』
(竹本/昌史‖著  国書刊行会 2016.1)
内容:地域活性化事業とは何か。全国各地で具体的にどのような取り組みがなされ、どのような成果を収めているのか各地のまちづくり事業の実際を、概括的・事例的に解説する。ヒントと提案193例を収録しています。

・『公民連携白書』(東洋大学大学院経済学研究科∥編著 公民連携推進研究会∥協力 時事通信出版局 2008.10)
※ 少し古いですが公民連携をテーマにしている年度分をご紹介しておきます。
○2008-2009が、「地域を経営する時代」というテーマをとっています。
内容:本書では、既に始まっている地域の取り組み、2007年8月〜2008年7月の約1年間の国内の公民連携の動きを紹介しています。


<論文>
・「広がる公民連携-自治体における公民連携に関するアンケート調査結果を踏まえた現状と課題」
(小谷野 繁樹/著 日本地域開発センター 1964) 掲載誌:『地域開発』499号P30~35 

・『地域活性と人財育成 地域活性学会第2回研究大会(2010年度・小樽)論文集』(地域活性学会 2010.7)

◆以下、当館未所蔵ですので、内容未確認ですが、関連と思われる資料をご紹介しておきます。

○「公民連携・既存ストック有効活用による地域活性化に関する調査研究事業報告書」(総務省自治行政局 総務省地域力創造グループ地域振興室 2014.3)<当館未所蔵:国立国会図書館東京本館所蔵>

○『広がる公民連携 : 自治体における公民連携に関するアンケート調査』
(日本政策投資銀行地域企画部地方開発部 2005.12)
掲載誌:<当館未所蔵:国立国会図書館所蔵デジタルデータ>『地域レポート』 17 2005-12 p.1~80,巻頭3p

◆インターネット(2017/10/29現在)
1)地方創生事例集(平成29年1月 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進事務局)

2)論文:インターネット公開 「地域活性化における地域ブランドの役割」伊部 泰弘


[事例作成日:2017年11月20日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
地方創生実現ハンドブック トーマツベンチャーサポート株式会社‖著 日経BP社 2015.11
地域活性化のマーケティング 古川/一郎∥編 有斐閣 2011.12
地域活性化マーケティング 宮副/謙司‖著 同友館 2014.11
地域ブランディングの論理 小林/哲‖著 有斐閣 2016.12
地方創生まちづくり大事典 竹本/昌史‖著 国書刊行会 2016.1
公民連携白書 2008~2009 東洋大学大学院経済学研究科∥編著 時事通信出版局 2008.10
地域開発 日本地域開発センタ- 日本地域開発センター  <496-501> (499号P30~35)
地域活性と人財育成 地域活性学会 2010.7
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/meeting/top_seminar/h29-01-13-haifu4.pdf  (地方創生事例集(平成29年1月 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進事務局))
http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170903094121.pdf?id=ART0009715210  (論文:インターネット公開 「地域活性化における地域ブランドの役割」伊部 泰弘)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000228315解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決