このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227251
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17061519387229
事例作成日
(Creation date)
2017/06/15登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
ドクターヘリの機内の様子と出動の流れが載っている児童書が見たい。
回答
(Answer)
①には、119番通報を受けた消防本部は、医師と看護師が現場に必要だと判断した場合、ドクターヘリを救急現場へ飛ばす。医師は現場の救急車の中で必要な診察と処置を行った後、患者をドクターヘリに移し、機内で治療を続けながら医療機関へ向かう。と紹介されている。また、機内には、点滴や薬類のほか、酸素吸入器や心臓の動きを監視するモニターなど、患者を救うための資材や機材が積みこまれている。とあり、機内の様子も写真で紹介されている。
②には、ヘリの中には、救命医療機器や薬品がセットされ、集中治療室のようだ。と機内の様子が紹介されている。
③には、ドクターヘリの出動の基本的な流れが、図で分かりやすく説明されており、1.119番通報→ 2.救急車出動→ 3.ドクターヘリ出動要請→ 4.救急車搬送→ 5.ドクターヘリ出動→ 6.合流地点と書かれている。また、要請を受けると3分以内に基地病院を離陸し、出動要請から現場に到着するまでは、約15~20分と説明されている。機内装備についても写真入りで、わかりやすく紹介されている。
④には、緊急出動の様子と治療の優先順位を表す識別表「トリアージ・タッグ」の紹介がされている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『こども大百科大図解クイズブック』小学館,2014.191p.参照はp.148-149
②『感動する仕事!泣ける仕事!第2期』学研,2012.64p.参照はp.53
③『なりたい!知りたい!調べたい!人命救助のプロ④』金の星社,2013.47p.参照はp.24-25 p.34-35
④『NHK学ぼうBOSAI命を守る防災の知恵』岩崎書店,2016.39p.参照はp.34-35
キーワード
(Keywords)
ドクターヘリ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017061519303687229
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生, 中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000227251解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!