このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220227
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2017-041
事例作成日
(Creation date)
2016年05月28日登録日時
(Registration date)
2017年08月11日 11時14分更新日時
(Last update)
2017年12月27日 12時08分
質問
(Question)
アステカ神殿の「アステカ」は何語でどういう意味か知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に、「アステカ」は伝説上の起源の地「アストラン」の人を意味し、アステカ文明をになった言語はナワトリ語であるとあった。

『世界大百科事典 1 改訂版』(平凡社 2007)
 p249「アステカ文化」の項に「アステカAztecaとは彼らの伝説上の起源の地<アストランAztlan>の人を意味する。」とあり。
 
『古代マヤ・アステカ不可思議大全』(芝崎みゆき著 草思社 2010)
 p203「アステカ人は湖に浮かぶアストラン(「鷺の地」の意味)と呼ばれる島に住んでいた。」とあり。
 p204 「アステカの名の由来は、この伝説の地アストランからきている。」、「アステカは「アストランの人」の意味」とあり。
 
『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』(メアリ・ミラー、カール・タウベ編著 東洋書林 2000)
 p55「アストラン Aztlan」の項に「「純白の地」あるいは「鷺(さぎ)の地」を意味するアストランは、メシカ人(アステカ人)の神話上の出発の地である。(中略)「アステカ」という言葉は「アストランの人々」を意味する(後略)」

『図説 アステカ文明』(リチャード・F・タウンゼント著 創元社 2004)
 p76 「その地の名は「鶴の場所」を意味するアストランといい、「アステカ」という古風な名称はこれに由来する。」とあり。

『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 4 ソコ-ネン』(フランク・B.ギブニ- ティビ-エス・ブリタニカ 1984)
 p957「ナワトル語」の項に「アステカ文明をになった言語で、16世紀からの文献がある。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈アステカ〉で検索する
 『図説 アステカ文明』(回答資料)
 『古代マヤ・アステカ不可思議大全』(回答資料)

2 参考図書を確認する
 『世界大百科事典 1 改訂版』(回答資料)
 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 4 ソコ-ネン』(フランク・B.ギブニ- ティビ-エス・ブリタニカ 1984)

3 《リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図書館)を〈アステカ〉で検索する
 『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アメリカの諸言語  (895 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典 1 改訂版』(平凡社 2007)
『古代マヤ・アステカ不可思議大全』(芝崎みゆき著 草思社 2010), ISBN 978-4-7942-1762-2
『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』(メアリ・ミラー、カール・タウベ編著 東洋書林 2000), ISBN 4-88721-421-9
『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 4 ソコ-ネン』(フランク・B.ギブニ- ティビ-エス・ブリタニカ 1984)
『図説 アステカ文明』(リチャード・F・タウンゼント著 創元社 2004), ISBN 4-422-20227-8
キーワード
(Keywords)
アステカ文明
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000220227解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!