このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000215681
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-1315
事例作成日
(Creation date)
2017年04月05日登録日時
(Registration date)
2017年05月06日 15時28分更新日時
(Last update)
2017年09月09日 10時01分
質問
(Question)
「桜」の名前の由来を知りたい。「咲く」+「ら(複数)」と聞いたがその説に疑問がある。
回答
(Answer)
『日本語源大辞典』小学館
1.桜の霊である此花サクヤ(咲耶・開耶)姫から、サクヤの転。
2.サキムラガルの約。
3.サキウラの約。
4.よろずの花の中で勝れて美しい意から、サキハヤの約転。
5.咲くと花ぐもりとなるところから、サキクモル義。
6.咲クに接尾語ラの付いたもの。
など13の説があげられている。

『日本語源広辞典 増補版』ミネルヴァ書房
さくらの項の書き出しに「語源は「咲く+ラ(花)の音便変化」が有力です。」とある。

『花言葉・花事典 : 知る・飾る・贈る』池田書店 P53
「桜の名前は、木花咲耶姫のサクヤをとったともいわれます」との説明があり。

『ものと人間の文化史 桜 1』法政大学出版局 P40
「桜の語源に関わる諸説」として「桜(さくら)の語源はどこからきたのかについても、いろいろな人びとから種々の論が出されている。一つ論が提出されるたびに反論がなされ、定説となりつつある説もあるが、これが桜の語源だとはまだ定まっていない。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『日本語源大辞典』小学館 2005 (PV:7000276710 813=N5=)
『日本語源広辞典 増補版』ミネルヴァ書房 2012 (PV:7200263644 813=P2=)
『花言葉・花事典 : 知る・飾る・贈る』池田書店 2009 (PV:7200089414  627=N9=)
『ものと人間の文化史 桜 1』法政大学出版局 2007 (PV:7100013366 627=N7=1)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000215681解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!