このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214859
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001022138
事例作成日
(Creation date)
2017/02/14登録日時
(Registration date)
2017年04月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年04月16日 00時30分
質問
(Question)
カウンセリングと関連分野との違いについて書かれている本を探してほしい。
回答
(Answer)
次の資料に掲載されています。

『カウンセリング心理学事典』(國分康孝/監修 誠信書房 2008.11)
「第Ⅰ章 カウンセリング心理学と関連分野との比較」(p.1-30)に、「11福祉心理学との異同・関係」「12社会心理学との異同・関係」「15ソーシャルワークとの異同・関係」という項目があります。

『カウンセリング大事典』(小林司/編 新曜社 2004.7)
「カウンセリングと心理療法の違い」(p.111-112)という項目があります。
 
『はじめてのカウンセリング入門 上 カウンセリングとは何か』(諸富祥彦/著 誠信書房 2010.7)
「レッスン5 カウンセリングと似ているもの(近接領域)との違い」(p.44-92)という項目があります。

『カウンセリングと心理療法:その微妙な関係』(飯森眞喜雄/編集 日本評論社 2011.5)
複数の著者がそれぞれ、カウンセリングと心理療法の違いについて意見を述べています。

『精神科医の仕事、カウンセラーの仕事:どう違い、どう治すのか?』(藤本修/著 平凡社 2016.3)
資格や学問領域、診断と治療に用いる手法等、さまざまな視点から精神科医とカウンセラーの違いについて書かれている本です。特に、「第一章 精神科医とカウンセラーはどのように違うのか」(p.19-64)では、カウンセラーと精神科医、臨床心理士、公認心理師それぞれについて概説されています。

『高齢者カウンセリング:傾聴からはじまる出会い』(原千恵子/著 学苑社 2014.11)
「傾聴とカウンセリングの違い」(p.13-19)で、両者の資格や対象者、内容の違い等について書かれています。 

[事例作成日:2017年2月14日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床心理学.精神分析学  (146 8版)
内科学  (493 8版)
参考資料
(Reference materials)
カウンセリング心理学事典 國分/康孝∥監修 誠信書房 2008.11 (p.1-30)
カウンセリング大事典 小林/司∥編 新曜社 2004.7 (p.111-112)
はじめてのカウンセリング入門 上 諸富/祥彦∥著 誠信書房 2010.7
カウンセリングと心理療法 飯森/眞喜雄∥編集 日本評論社 2011.5
精神科医の仕事、カウンセラーの仕事 藤本/修‖著 平凡社 2016.3
高齢者カウンセリング 原/千恵子‖著 学苑社 2014.11 (p.13-19)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000214859解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決