このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000213394
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 16-0044
事例作成日
(Creation date)
2016/04/15登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
新潟県にあった小梅村が今、どうなっているのか知りたい。
回答
(Answer)
『市町村名変遷辞典』(回答資料1)によると、明治22年に成立。明治34年に合併し、小合村となる。現 新津市。(p.309)

『日本歴史地名大系 第15巻』に小梅村から新津市に至るまでの変遷あり。また小梅村の字名(子成場、梅ノ木、出戸、四ツ興野)の記述あり(p.845~846)
信濃川右岸の地域。

『角川日本地名大事典 15』(回答資料3)に小梅村及び小合村、新津市の記述あり。(p.522,532、1602~1604)

ウィキペディアの記述によると、現在は新潟市秋葉区の一部。
新津市が2005年に新潟市と合併。
検索語:小梅村及び新津市
字名はそのまま区画名として残っている。

道路地図で字名が確認できる。
EX)『新潟県道路地図』(回答資料4)p.28

『新潟県大百科事典』には小梅村の記述なし。
新潟県史にも記述なし。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 市町村名変遷辞典 地名情報資料室?編 東京堂出版 1999.9 291.03/SH p.309

2 角川日本地名大辞典 15 新潟県 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編纂 角川書店 1989.10 291.03/KA/15 p.845~846

3 日本歴史地名大系 第15巻 新潟県の地名 平凡社 1986.7 291.03/NI/15 p.522,532、1602~1604

4 新潟県道路地図 昭文社 2014 291.038/KE/15 p.28

1 新潟県大百科事典 新潟日報事業社出版部∥編 新潟日報事業社出版部 1984.6 214.1/NI
キーワード
(Keywords)
新潟県
 小梅村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000213394解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決