このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000213349
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-16-180
事例作成日
(Creation date)
2016年9月20日登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年09月15日 09時40分
質問
(Question)
所蔵の『真武内伝(山岸重郷 写本)』で、真田信繁の幼名の「御弁丸」について表記を確認したい。
回答
(Answer)
真武内伝』【最終確認2018.9.4】 乾ノ巻, 坤ノ巻はウェブサイト「信州デジくら」上で公開している。21コマ目、42コマ目、61コマ目を確認するよう紹介。長野県立歴史館の蔵書も紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1 問い合わせの段階で出典を『新編信濃史料叢書』第18巻p.47としていたので、確認する。『左衛門佐君伝記稿 巻1』から信繁の幼名を『真武内伝』から記述している部分とわかる。

2 当館所蔵の『真武内伝』(山岸重郷 写本) 【N288/134】を確認する。「○弁丸」と記載のあるところを3カ所確認した。『左衛門佐君伝記稿 巻1』にある「少名御弁丸、又号源次郎、改左衛門佐、或好白、」と列挙しているところはない。

3 写本による違いがあるかもしれないので、『信濃史料叢書 第4巻』信濃史料編纂会編・刊 1914 【N208/1/4】にある『真武内伝』をみる。この活字翻刻版は飯島家、柘植家、東京大学史料編纂所の蔵書を底本としたものだが、やはり列挙したところは確認できなかった。(『左衛門佐君伝記稿 巻1』では『真武内伝』を参考にして、ただ単に羅列したのではないかと推測するが、確証はない。)

4 「信州デジくら」で公開状況を確認し、当該コマを添えて回答とする。なお、3の飯島文庫は長野県立歴史館へ移管済みのため、歴史館の所蔵を確認する。丸山文庫でも『真武内伝』の写本があることを確認。こちらも併せて紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
系譜.家史.皇室  (288 8版)
中部地方  (215 8版)
参考資料
(Reference materials)
『真武内伝(山岸重郷 写本)』1815 (【N288/134】)
信濃史料刊行会 編 , 信濃史料刊行会. 新編信濃史料叢書 第18巻 (真田家御事蹟稿). 信濃史料刊行会, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001375616-00  (【N208/43/18】)
信濃史料編纂会 編 , 信濃史料編纂会. 信濃史料叢書 第4. 信濃史料編纂會, 1914.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I003927643-00  (【N208/1/4】)
キーワード
(Keywords)
真田信繁
幼名
御弁丸
真武内伝
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000213349解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!