このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212686
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2016-10
事例作成日
(Creation date)
2016年11月20日登録日時
(Registration date)
2017年03月25日 13時51分更新日時
(Last update)
2017年03月26日 09時45分
質問
(Question)
天保年間、下総匝瑳郡長谷村の地頭職の氏名を調べています。
「長谷村」は「共興村(きょうこうそん)」に属し、その後「匝瑳市」となっています。
回答
(Answer)
「地頭」は近世では「領主」一般を指すもものとして用いられた。
「「地頭」は中世における荘園、国衙領の役職。…江戸時代には旗本や知行地を持つ大名家臣などの俗称として用いられた。」(『岩波日本史辞典』(岩波書店 1999.10))
「…近世においては領主一般を指すものとして用いられていた。」(『国史大辞典』(吉川弘文館 1985)

次の千葉県資料に江戸時代の長谷村の領主が掲載されていました。天保年間の領主は記載がありませんでしたが、『寛政重修諸家譜』等を参照すると天保年間は犬塚太郎右衛門忠邦(忠行)が支配していたのではないかと推測されます。
<長谷村の江戸時代後期の領主の推移>
犬塚平右衛門忠休→犬塚太郎右衛門忠邦(忠行)→犬塚小善次
【資料1】『八日市場の村々』(八日市場市史編さん委員会 1978)p136
村高と支配 長谷村 弘化2年(1845)犬塚太郎左衛門知行 *左衛門→右衛門? 
           明治初年(1868)大塚小膳司知行 *大塚→犬塚?
【資料2】『八日市場市史 下巻』(八日市場市史編さん委員会 1987)p53-54、73
村々の領主 長谷村 寛永年間(1624~)から明治維新時まで旗本犬塚氏知行地
           犬塚忠休(平右衛門)安永7年(1778)~(『寛政重修諸家譜』)
 支配変遷一覧 (天保10-14年(1839-1843))『匝瑳郡誌』
長谷村 犬塚太郎右衛門 *記載はあるが、天保10-14年のものとは確認できなかった。
【資料3】『匝瑳郡誌』(匝瑳郡教育会編 崙書房 1976)p258、266
長谷及び東小笹の両村は天正年間より慶長年間に至るまで本多隼人同縫殿亮の所領たりしが後長谷村は犬塚太右衛門の知行となり…。*犬塚太右衛門→犬塚太郎右衛門?
維新以前における旧領主 長谷村 犬塚小善次
【資料4】『寛政重修諸家譜 第16』(続群書類従完成会 1981)p389
犬塚 忠休―忠行(小善次)
   忠休:天明元年(1781)24歳で御小姓組の番士となる
【資料5】『寛政譜以降旗本家百科事典 第1巻』(小川 恭一編著 東洋書林 1997)p335
犬塚平右衛門忠休 
諸向地面取調書(その他)犬塚小善次 役職 安政2年(1855)書院番酒井組
江戸幕府家臣人名事典(その他)犬塚小善次 先祖(父)犬塚太郎右衛門
柳営補任(その他)犬塚太郎右衛門忠邦 先祖 (父)犬塚平右衛門
           役職 天保14(1843)書院番進物番
              弘化2(1845)大坂目付代
              嘉永5(1852)卒
【資料6】『江戸幕府旗本人名事典 第4巻(原書房 1989)p73
犬塚
懐中道しるべ(文化元年(1804)稿)犬塚平右衛門
国字分名集(文政10年(1827)稿)犬塚太郎右衛門
旗本いろは(安政6年(1859)改)犬塚小善次
回答プロセス
(Answering process)
1 市町村史、県史にあたる。
【資料1】【資料2】【資料3】
【資料7】『千葉県の歴史 通史編近世1、2』(千葉県史料研究財団編 千葉県 2007-2008)
【資料8】『千葉県の歴史 資料編5、6(下総1、2)』(千葉県史料研究財団編 千葉県 2004-2005)
2 江戸時代の系譜辞典類にあたる
【資料4】【資料5】【資料6】
事前調査事項
(Preliminary research)
【資料3】『千葉県匝瑳郡誌(大正10年刊の復刻)』
元禄8年及び、明治維新前の長谷村の領主の氏名は掲載があります。
【資料7】【資料8】
NDC
日本  (291 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『八日市場の村々』(八日市場市史編さん委員会 1978)(200289350)
【資料2】『八日市場市史』(八日市場市史編さん委員会 1987)(9200289378)
【資料3】『匝瑳郡誌』(匝瑳郡教育会編 崙書房 1976)(9200064707)
【資料4】『寛政重修諸家譜 第16』(続群書類従完成会 1981)(9102895249)
【資料5】『寛政譜以降旗本家百科事典 第1巻』(小川 恭一編著 東洋書林 1997)(0105317805)
【資料6】『江戸幕府旗本人名事典 第4巻(原書房 1989)(9102893647)
キーワード
(Keywords)
匝瑳市―歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000212686解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!