このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206762
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-106
事例作成日
(Creation date)
2016年07月31日登録日時
(Registration date)
2017年01月19日 09時51分更新日時
(Last update)
2017年03月15日 14時14分
質問
(Question)
徐脈頻脈症候群(じょみゃくひんみゃくしょうこうぐん)による意識障害について書かれた資料を見たい。交通事故との関連があればさらによい。
回答
(Answer)
質問に該当する以下の資料を紹介した。

1 図書
『循環器疾患最新の治療 2014-2015』(堀正二[ほか]編 南江堂 2014)
 p267 不整脈の章に「洞不全症候群」あり。疾患概念によると、徐脈頻脈症候群はⅢ群に分類される。
 p269 「治療方針の立て方」の「a.第一選択」に「失神に伴う事故(転倒、転落、交通事故など)の予防が重要であり」とあり。
『心臓病の最新治療 よくわかる最新医学』(小橋隆一郎著 主婦の友社 2014)
 p20「頻脈性不整脈」「徐脈性不整脈」の項あり。どちらもめまいや失神を起こす、とあり。
『今日の循環器疾患治療指針』(井上博[ほか]編 医学書院 2013)
 p201「洞不全症候群(洞徐脈,洞停止,洞)」【病態】発作性心房細動などの頻脈停止時に、数秒以上にわたり心房興奮が欠落し、めまい、ふらつき、失神などを生じることもある(徐脈頻脈症候群)。その他、【診断のポイント】にめまい、ふらつき、失神、【鑑別疾患】に神経調節性失神がある。

その他関連記述のある資料
『専門医がやさしく教える心臓病 最新治療法から応急処置法まで』(山科章著 PHP研究所 2008)
『生活習慣病のくすり からだの科学primary選書』(島田和幸編 日本評論社 2011)
『ガイドライン/ガイダンス不整脈 こう診る・こう考える』(奥村謙編 日本医事新報社 2011)
『循環器疾患ビジュアルブック』(大西哲[ほか]編 学研メディカル秀潤社 2010)
『循環器病学 基礎と臨床』(川名正敏[ほか]編 西村書店 2010)
『やさしい 心臓病の自己管理』(野原隆司監修 医薬ジャーナル社 2008)
『心臓病 最新治療&予防全国名医118人 疾患別・全国実力医師シリーズ』(医療評価ガイド取材班編 角川SSコミュニケーションズ 2009)
『循環器内科治療ガイドライン 最新の診療指針』(田邉晃久編 総合医学社 2008)
『看護に役立つ疾患・症候事典』(永井良三監修 メヂカルフレンド社 2008)

2 雑誌
『治療 2010年5月』(南山堂 2010.5)
 p1433-1438 安田智生著「徐脈性不整脈をどのように治療するのか」「徐脈の原疾患」の項に、徐脈によるめまい、ふらつき、失神・心不全などの臓器障害をきたすものもあり。
 p1445-1452 三好史人〔ほか〕著「失神にはどのように対処すべきか」に心疾患による失神として、徐脈性不整脈によるものがあることが述べられている。
『日本医師会雑誌 137巻特別号(1)』(日本医師会 2008.6)
 ps141-143 相澤義房著「徐脈性不整脈」心停止によるAdam-Stokes発作や失神など重篤な症状をもたらすとあり。
『日本医師会雑誌 平成16年10月15日』(日本医師会 2004.10)
 ps146-151「頻脈性不整脈」 
 ps152-156「徐脈性不整脈」 心停止によるAdam-Stokes発作や失神など重篤な症状をもたらすとあり。
『日本医師会雑誌 2015年5月』(日本医師会 2015.5)   
 ps284-286「めまいを訴える患者のこの心電図、診断は? -洞機能不全症候群」

3 インターネット情報
《第21回日本交通医学工学研究会学術総会》( http://www.jatme.jp/pdf/12_02.pdf  日本交通医学工学研究会)
 「◆ シンポジウムA:事故の実態と体調管理」中に「心臓疾患と交通事故」(松原達昭 愛知学院大学歯学部内科学講座教授)の論文あり。
 「心臓に起因するものとして、徐脈(洞不全症候群、房室ブロック)、心室性頻脈(心室頻拍、心室細動)、上室性頻脈(発作性上室頻拍、心房粗動)が挙げられ、数十秒で意識は回復することがほとんどである。ただし、ごく短時間の失神が交通事故につながることは想像に難くない。」
《不整脈》( http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/arrhythmia.html  国立循環器病研究センター)
 「3.洞(機能)不全症候群といわれたら」に「洞不全症候群では、心臓が止まってそのまま死んでしまうことはまずありませんが、意識を失った時にけがをしたり、交通事故に遭ったりすることがありますので注意が肝心です」とあり。
《不整脈(洞不全症候群・房室ブロック)》( http://plaza.umin.ac.jp/~utok-card/consultation/diseases/irregular_pulse  東京大学医学部附属病院循環器内科)
 不整脈について「心臓の拍動が回復しない場合には突然死することもあり、失神によって事故を起こすこともしばしばです。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 心疾患や不整脈の図書・雑誌を調査する
2 《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会)を〈徐脈頻脈症候群〉で検索する
3 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈徐脈頻脈症候群 & 交通事故〉で検索する

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年7月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『循環器疾患最新の治療 2014-2015』(堀正二編 永井良三編 南江堂 2014), ISBN 978-4-524-26798-9
『心臓病の最新治療 よくわかる最新医学』(小橋隆一郎著 主婦の友社 2014), ISBN 978-4-07-290618-7
『今日の循環器疾患治療指針』(井上博[ほか]編 医学書院 2013), ISBN 978-4-260-01472-4
キーワード
(Keywords)
徐脈頻脈症候群(ジョミャクヒンミャクショウコウグン)
心臓-疾患
心臓病
不整脈
洞不全症候群
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000206762解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!