このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203569
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2011-03271-般
事例作成日
(Creation date)
2011年03月27日登録日時
(Registration date)
2016年12月18日 19時51分更新日時
(Last update)
2016年12月25日 13時38分
質問
(Question)
食べられる野草、特に「菜の花」の食べられる部分が知りたい。
回答
(Answer)
「菜の花(ナノハナ)」はアブラナ属植物全般の花の呼び名であり、多くの種類が含まれる。花(蕾)、茎、葉とも食べることができ、おひたし、あえもの、漬けものなどの調理に使われる。
回答プロセス
(Answering process)
1.食べることのできる野草ということで、書名「野草」AND 請求記号「596」で所蔵検索し、ヒットした中で『食べる野草図鑑』(日東書院)をみる。
「ナノハナ」の項目をみると、「ナノハナはアブラナ属植物全般の花の呼び名として使われ、日本だけでも約300種類」と記述されていた。別名として「アブラナ、ナバナ、ナタネ」という名称も挙げられていた。
また「花、茎、葉とも食べることができるのも特徴」と記述され、調理例も掲載されていた。おいしい食べ方として「サラダ、おひたし、あえもの、てんぷら、お吸いものや炒めものなど」の記述があった。

2.上記の検索でヒットした『摘んで野草クッキング』(創森社)のナノハナの項目をみる。料理例として蕾がついたナノハナを使った「カラシ漬け」が掲載されていた。

3.植物の図鑑でも確認するため、470に配架されていた『食用植物図説』(女子栄養大学出版部)をみる。索引に「ナノハナ」はないが「アブラナ」があり、掲載ページには「若い葉は煮つけ、汁の実、あえ物として食用」との記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡田恭子 著 , 岡田, 恭子. 食べる野草図鑑 : 季節の摘み菜レシピ105. 日東書院本社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024337173-00 , ISBN 9784528016439
金田初代 著 , 金田, 初代, 1945-. 摘んで野草クッキング. 創森社, 1996. (遊び尽くし. Cooking & outdoor)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002538707-00 , ISBN 4883400190
女子栄養大学出版部. 食用植物図説 : 日本・世界の700種. 女子栄養大学出版部, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001128950-00
キーワード
(Keywords)
野草
菜の花
アブラナ
料理
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
植物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203569解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!