このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197444
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H28-028
事例作成日
(Creation date)
2016年09月27日登録日時
(Registration date)
2016年09月28日 12時57分更新日時
(Last update)
2018年08月16日 14時06分
質問
(Question)
相模原市に陸軍兵器学校があった頃の周辺地図が見たい。
回答
(Answer)
詳細な周辺地図は見つけられなかったが、下記の資料に地形図等の掲載があった。

『写真と地図でめぐる軍都・東京』
『相模原軍都計画と地域変化』
『私たちの小山』
『相模原市史 第4巻再版』
『郷土史としての相武台陸軍士官学校』
『地域歴史素材集』
『絵図から地形図へ』
『相模原市議会史 資料編 2』
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料コーナーの軍事関係の書架を調べる。

『写真と地図でめぐる軍都・東京』 竹内正浩/著 NHK出版 2015 【s32797219 K1-21アオ】
p194 昭和21年2月15日に撮影された、陸軍兵器学校を含めた淵野辺駅-橋本駅間の米軍撮影空中写真あり。
『相模原軍都計画と地域変化』 相模原市教育委員会社会教育部/編 相模原市教育委員会 1992 【s09310491 392】
p28-37「軍事施設の配置と進出の経過」の項に、相模原台地周辺の軍事施設分布および相模原地域の軍事施設分布の図あり。また、「陸軍諸施設の進出経過」として年表あり。陸軍兵器学校は昭和13年10月に「陸軍工科学校」として開校したが、のちに陸軍兵器学校と改称したことがわかる。
『私たちの小山』 小山地域資料編纂委員会/編 小山地域資料編纂委員会 2013 【s31912462 K1-26アオ】
p45 軍都時代の軍施設配置図はあるが、詳細地図なし。
『相模原市史 第4巻再版』 相模原市/編 相模原市 1971 【s25291006 213Kアオ】
巻頭カラーページ 「軍都計画時代の軍諸施設配置図」として、5万分の1地形図あり。いつ頃の地図かは不明。
p589 終戦後は、防衛庁研究所・大野北中学校・麻布大学等に転用されたことがわかる。
『郷土史としての相武台陸軍士官学校』 涌田佑/著 涌田先生の話を聞く会 2006 【s25281106 K1-39ソラ】
巻頭カラー写真ページ 上記「相模原市史」掲載「軍都計画時代の軍諸施設配置図」の複製あり。
『地域歴史素材集』 相模原市教育研究所/編 相模原市教育研究所 1990 【s07737968 K1-20アオ】
p111-112 軍施設配置図はあるが、詳細地図なし。今の麻布大学・大野北中との説明あり。
『絵図から地形図へ』 相模原市立博物館/編 相模原市立博物館 1997 【s21147350 291.1Kアオ】
p62 「軍用・占領下の地図」の項に、昭和10年代の相模原演習場(一万分一地形図)と昭和12年の相模原(二万五千分一地形図)あるが、いずれも小さくて詳細分からず。
『相模原市議会史 資料編 2』 神奈川県相模原市議会/編 神奈川県相模原市議会 1993 【s26485722 318】
付録資料「相模原都市建設事業要図」として昭和14年8月の二万五千分の一地形図あり。ただし、機密事項のため兵器学校等の軍事施設は描かれていない。

以下は調査済み資料
『世紀の空に燦然と』 相模陸軍造兵廠技能者養成所卒業生 相模会/編 相模陸軍造兵廠技能者養成所卒業生 相模会 2004 【s23138100 K1-39ソラ】
『軍都郷土史 補遺編』 涌田佑/著 涌田先生の話を聞く会 2010 【s26389684 392Kソラ】
『相模原市と米軍基地』 総務局渉外部渉外課/編 相模原市 2015 【s32798084 395Kソラ】
『写真と地図で読む!知られざる軍都 多摩・武蔵野』 秋庭俊/編著 洋泉社 2005 【s25225491 K1-39ソラ】
『相模原ふるさと歴史散策』 相模原郷土懇話会/編 JA相模原市 2005 【s24843617 291K】
p12 簡単な歴史の解説あるが、地図はなし。
『相模原市今昔写真帖 保存版』 「相模原市今昔写真帖」編集委員会/編 郷土出版社 2003 【s22063044 K1-27アオ】
『相模原市と米軍基地』 企画部渉外課/編 相模原市 1989 【s07247786 K1-39ソラ】
『ふるさとを語る』 相模原郷土懇話会/編 相模原郷土懇話会 2015 【s32795650 K1-20アオ】
p2 簡単な歴史の解説あるが、地図はなし。
『国土地理院 地形図 謄本』 国土地理院 2012 【s28622884 K1-29アオカウンター】
原町田の昭和2年・4年等あるが、10年代の地形図はなし。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
軍事施設.軍需品  (395 9版)
陸軍  (396 9版)
参考資料
(Reference materials)
『写真と地図でめぐる軍都・東京』 竹内正浩/著 NHK出版 2015
『相模原軍都計画と地域変化』 相模原市教育委員会社会教育部/編 相模原市教育委員会 1992
『私たちの小山』 小山地域資料編纂委員会/編 小山地域資料編纂委員会 2013
『相模原市史 第4巻再版』 相模原市/編 相模原市 1971
『郷土史としての相武台陸軍士官学校』 涌田佑/著 涌田先生の話を聞く会 2006
『地域歴史素材集』 相模原市教育研究所/編 相模原市教育研究所 1990
『絵図から地形図へ』 相模原市立博物館/編 相模原市立博物館 1997
『相模原市議会史 資料編 2』 神奈川県相模原市議会/編 神奈川県相模原市議会 1993
キーワード
(Keywords)
陸軍兵器学校
軍事施設
軍都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000197444解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決