このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196839
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16071209480196
事例作成日
(Creation date)
2016/07/12登録日時
(Registration date)
2016年09月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「ドクターイエローを見ると幸せになれる」というような記述のある児童書はないか。
回答
(Answer)
岡山県立図書館所蔵の資料で資料種別「図書児童」で全項目「ドクターイエロー」で検索すると14件が該当する。
資料にあたって、質問内容にあるような記述があったのは5件であった。
①『みんな知りたい!ドクターイエローのひみつ』には、ドクターイエローが「まぼろしの新幹線」と呼ばれる理由と、「出会えればラッキーだということで、『見ると幸せになれる黄色い新幹線』とか『幸せのドクターイエロー』などと、親しみをこめて呼ばれるようになったようです」という記述がある。
②『新幹線大図鑑』には「幸を運ぶ」というタイトルとともに「走行する時間帯が限られているので、見れそうでなかなか見れない(原文ママ)です。やっぱり見れたらラッキーですよね。」という記述がある。
③『しあわせをよぶドクターイエローとたっぷりしんかんせんずかん』には、「まいにちはしらないし、いつはしるかもわからない。だから、このきいろいしんかんせんをみつけたら、とってもいいことがあるかもしれないよ。」という記述がある。
④『しあわせのドクターイエロー』には「みれば、なぜでしょう、えがおになってしまいます。しゃしんをおまもりにするひともいます。」という記述がある。
⑤『鉄おも!しんかんせん大集合!』は、裏表紙の見返しの遊びの方に、写真が掲載されており、「会えたらラッキー!」という言葉が添えられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 9版)
参考資料
(Reference materials)
①飯田守『みんな知りたい!ドクターイエローのひみつ』講談社,2014,171p.参照はp.18-20
②『新幹線大図鑑』笠倉出版社,2016,64p.参照はp.41
③やまなかのりえしゃしん『しあわせをよぶドクターイエローとたっぷりしんかんせんずかん』ひかりのくに,2015,24p.参照はp.1
④溝口イタルえ『しあわせのドクターイエロー』交通新聞社,2013,31p.参照はp.25
⑤『鉄おも!しんかんせん大集合!』ネコ・パブリッシング,2013,81p.
キーワード
(Keywords)
ドクターイエロー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016071209495380196
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000196839解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!