このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195656
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H28-025
事例作成日
(Creation date)
2015年11月08日登録日時
(Registration date)
2016年08月06日 17時14分更新日時
(Last update)
2016年08月11日 12時29分
質問
(Question)
江戸時代に庶民はどのように灯りをとっていたか。
回答
(Answer)
資料②のあかりの種類、資料⑦の灯し油の種類をお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACでキーワード“エド アカリ”で検索した結果、次の資料が見つかった。
①『江戸のあかり』 塚本学/著 岩波書店 2001 (自館請求記号:J38)
江戸時代にあかりに利用されていたナタネ油について書かれている。
p52-53に日本の光源のうつりかわりの表が掲載されている。


自館OPACでキーワード“エド クラシ”で検索した結果、次の資料が見つかった。
②『江戸のくらしがわかる絵事典』 PHP研究所 2003 (自館請求記号:J38)
p22-23に「明かりの道具」の項があり、油や蝋燭に火をつけて明かりにしていた旨の記述がある。
また、油皿、瓦灯、行灯など明かりの道具がイラストとともに紹介されている。


③『図解江戸の暮らし事典 決定版』 学習研究社 2007 (自館請求記号:382.1)
p40に行灯、瓦灯、ろうそく立てなどのあかりの道具が写真とともに紹介されている。
行灯と瓦灯は、菜種油や魚油などを油皿で燃やして用いた旨の記述がある。
ろうそくは行灯よりは明るかったが、高かったとある。


Cinii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/ 2015/11/08 最終確認)でキーワード“江戸 あかり 油”で検索したところ、次の資料がヒットした。
④『あかりのフォークロア』 照明文化研究会/編 柴田書店 1976 (相模原市立図書館請求記号:383.95)

GoogleBooks( http://books.google.co.jp/books?hl=ja 2015/11/08 最終確認)でキーワード“江戸 あかり 油”で検索したところ、次の資料がヒットした。
⑤『大江戸まるわかり事典』 大石学/編 時事通信社 2005 (自館請求記号:R210.5)
p58に灯りと燃料の項がある。
出典として次の資料を挙げている。
⑥『大江戸えねるぎー事情』 石川英輔/著 講談社 1990 (相模大野図書館請求記号:501)


③の資料と同じ分類の棚をブラウジングし、次の資料を見つけた。
⑦『江戸人のしきたり』 北島廣敏/著 幻冬舎 2007 (自館請求記号:382.1)
p61-62に行灯に用いた「灯し油」について記述がある。
普通は菜種油が用いられ、低所得者は鰯、鱈、鰊などの安い魚油を使ったとある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗史.民俗誌.民族誌  (382)
参考資料
(Reference materials)
『江戸のあかり』 塚本学/著 岩波書店 2001
『江戸のくらしがわかる絵事典』 PHP研究所 2003
『図解江戸の暮らし事典 決定版』 学習研究社 2007
『あかりのフォークロア』 照明文化研究会/編 柴田書店 1976
『大江戸まるわかり事典』 大石学/編 時事通信社 2005
『大江戸えねるぎー事情』 石川英輔/著 講談社 1990
『江戸人のしきたり』 北島廣敏/著 幻冬舎 2007
キーワード
(Keywords)
江戸
明かり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195656解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!