このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189609
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2016-4
事例作成日
(Creation date)
2015/11/06登録日時
(Registration date)
2016年03月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月20日 08時54分
質問
(Question)
唐の茶人・陸羽について書かれた評伝等の文献を探している。
回答
(Answer)
陸羽に関する文献のうち、ある程度まとまって書かれているものを紹介します。
【資料1】『茶聖陸羽 茶経を著した偉人の生涯』(成田重行著 淡交社 1998)
その生い立ちから活躍期、晩年に至るまで1冊すべて陸羽について書かれた資料です。中国刊行の資料を含む参考文献一覧や年譜も収録されています。

【資料2】『陸羽「茶経」の研究』(熊倉功夫編 宮帯出版社 2012 世界茶文化学術研究叢書)
p.11~59「陸羽その人物と業績」(姚国坤)
評伝のほか、陸羽の自伝とされる「陸文学自伝」の原文と現代語訳が掲載されています(p.50~54)。

【資料3】『茶道古典全集 第1巻』(千宗室編集 淡交社 1977)
p.119~136「『茶経』解題」(神田喜一郎)の一部で陸羽について書かれています。また、「陸羽自伝」(『文苑英華』巻793)、「陸羽伝」(『新唐書』巻196列伝121隠逸)、「陸羽伝」(『唐才子伝』巻3)等、茶経に関する文献の原文・注釈・訳文が掲載されています(p.136~187)。

【資料4】『茶道 全集巻の1 茶説茶史篇』(創元社 1936)
p.115~260「陸羽と茶経」(諸岡存)
序文(昭和11年2月8日)によれば、本論は『日本の茶道』に23回にわたって掲載された「陸羽伝」に、その総論とも見るべき一章を新たに加えたものということです。

【資料5】『茶経評釈 外篇』(諸岡存著 出版科学総合研究所 1978)(当館所蔵なし)
「陸羽小傳」(p.61~148)をはじめ、南京、呉興、越、蘇州の各地における陸羽の記録を追っています。巻末には「陸羽略年譜」(p.272~278)を収録しています。

【資料6】『詩人たちの生と死 唐詩人伝叢考』(植木久行著 研文出版 2005)
p.102~118「陸羽(字鴻漸一名疾字季疵) 没年推定資料の日中間の異同」
【資料7】『唐代の思想と文化』(西脇常記著 創文社 2000 東洋学叢書)
p.113~140「『陸文学自傳』考」
【資料8】『茶経詳解 原文・校異・訳文・注解』(布目潮ふう著 淡交社 2001)
p.340~363「『茶経』解説」一部、陸羽の生涯について書かれています。

*著者名「布目潮ふう ぬのめちょうふう」の「ふう」は、偏がさんずい、旁が「風」から成る漢字です。
回答プロセス
(Answering process)
コトバンク( https://kotobank.jp/ )でブリタニカ国際大百科事典小項目事典「陸羽」の項目から概要を得ました。中国・唐の茶の研究者で、字は鴻漸(こうぜん)、季疵(きし)、号は桑苧翁、東崗子とあります。

初めに、県立図書館の蔵書検索システムで「陸羽」を全項目検索して【資料1】【2】【8】並びに下記資料にあたりました。いずれにも陸羽に関する記述が見られました。
『喫茶文化史研究序説』(田中美佐著 晃洋書房 2012)p.37~47
『布目潮渢中国史論集 下巻 唐代史篇』(布目潮渢著 汲古書院 2004)p.404~429
『茶経 全訳注』(布目潮渢[著] 講談社 2012 講談社学術文庫)p.405~438
『茶人物語』(日野忠男[著]  読売新聞社編 淡交社 1978 茶の湯ライブラリー)p.16~20
『茶経 付喫茶養生記』([陸羽原著] 林左馬衛[訳注] 安居香山[訳注] 明徳出版社 1984)p.9~10

同じく蔵書検索システムで件名「茶道」「茶人」「茶-歴史」、全項目「中国」「唐」等のキーワードを組み合わせて検索して、また自館の791分類(茶道)付近の書架を確認して、下記資料にあたりました。
『角川茶道大事典 本編』(林屋辰三郎[ほか]編集 角川書店 1990)
p.872「茶経」の項目。参考文献として諸岡存『茶経評釈』『同外篇』(茶業組合中央会議所)や『中国茶書全集』上下巻が挙げられています。
p.1431「陸羽」の項目。参考文献として『茶道古典全集』第1巻、林左馬衛・安居香山『茶経』、布目潮渢・中村喬『中国の茶書』が挙げられています。

(下記資料は「陸羽」の項目がありますが、参考文献等の記載はありませんでした)
『茶道大辞典』(井口海仙監修 淡交社 2010)
『茶道人名辞典』(桑田忠親編 東京堂出版 1982)
『茶道人物辞典』(原田伴彦編 柏書房 1981)
(下記資料は目次に「陸羽」の項目が見当たりませんでした)
『茶人の書』(増田孝著 文献出版 1985)
『茶人の逸話』(筒井紘一著 淡交社 1984)
『中国喫茶詩話』(竹内実著 淡交社 1982 茶道文化選書)

上記で挙げられていた参考文献をもとに【資料3】~【5】並びに下記資料にあたりました。【資料5】は当館で所蔵していないため、利用者の希望により他の図書館から取り寄せました。いずれにも陸羽に関する記述が見られました。
『中国の茶書』(福田宗位訳編 東京堂出版 1974)p.75~83
『中国茶書全集 上巻』(布目潮渢編 汲古書院 1987)p.4~6
『中国の茶書』(布目潮渢編訳 平凡社 1976 東洋文庫)p.11~13

なお、【資料4】は国立国会図書館デジタルコレクションの図書館向けデジタル化資料送信サービスでも閲覧できます。
『茶道全集 巻の1』(創元社編 創元社 1937)
『茶道全集 卷の一』(井口海仙等編 創元社 1937)

次に、国立国会図書館リサーチ・ナビで「陸羽」を検索して【資料6】【7】並びに下記資料が見つかりました。その際、レファレンス協同データベース「西脇常記「『陸文学自伝』考」を探している」(近畿大学中央図書館)の事例( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000022815 )を参考にしました。
布目潮渢「喫茶の起源と発展 9 陸羽 「茶経」の著者」『日本美術工芸』600号p.56~62
『茶とその文化 第3』(諸岡存 大東出版社 1941)(国会図書館デジタルコレクション)19~24コマ目
『茶とその文化』(諸岡存著 大東出版社 1937)(国会図書館デジタルコレクション)15~20コマ目

最後に、「陸羽 茶」「陸羽 鴻漸」等のキーワードでインターネット検索をして下記の論文が見つかりました。
植木久行「唐代作家新疑年録(9) 欧陽詹・郭元振・陸羽」(『文経論叢 人文科学篇』 弘前大学 16号 1996)p.99~129(機関リポジトリで本文公開)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000399898
田中美佐「陸羽「茶経」にみえる南方意識とその優位性」(『近畿大学短大論集』 36巻1号 2003.12)p.78~86(機関リポジトリで本文公開)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000965188
田中美佐「『太平広記』にみえる陸羽史料の解説及び訳注」(『近畿大学短大論集』 38巻1号 2005.12)p.66~74(機関リポジトリで本文公開)
http://ci.nii.ac.jp/naid/120002578136/
田中美佐・大原良通「『新唐書』にみえる陸羽資料の解説及び訳注」(『近畿大学短大論集』 39巻1号 2006.12)p.67~76(当館所蔵なし)
http://ci.nii.ac.jp/naid/40015346351
田中美佐・大原良通「『封氏聞見記』及び『唐国史補』に見える陸羽資料の訳注と解説」(『近畿大学短大論集』 40巻1号 2007.12)p.60~68(当館所蔵なし)
http://ci.nii.ac.jp/naid/40015848042
田中美佐「『茶経』巻中「四之器、盌」と邢州窯白磁 南方人陸羽のアイデンティティーと茶の色映りに関する一見解」(『近畿大学短大論集』 47巻1号 2014.12)p.42~58(機関リポジトリで本文公開)
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005531482

(インターネットの最終アクセス:2016年1月27日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (282 9版)
茶道  (791 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『茶聖陸羽 茶経を著した偉人の生涯』(成田重行著 淡交社 1998)(2100367503)
【資料2】『陸羽「茶経」の研究』(熊倉功夫編 宮帯出版社 2012 世界茶文化学術研究叢書)(2102534511)
【資料3】『茶道古典全集 第1巻』(千宗室編集 淡交社 1977)(2100357104)
【資料4】『茶道 全集巻の1 茶説茶史篇』(創元社 1936)(9102869740)
【資料5】『茶経評釈 外篇』(諸岡存著 出版科学総合研究所 1978)(当館所蔵なし)
【資料6】『詩人たちの生と死 唐詩人伝叢考』(植木久行著 研文出版 2005)(2101862320)
【資料7】『唐代の思想と文化』(西脇常記著 創文社 2000 東洋学叢書)(2101262506)
【資料8】『茶経詳解 原文・校異・訳文・注解』(布目潮渢著 淡交社 2001)(2101366144)
キーワード
(Keywords)
茶道(サドウ)
喫茶(キッサ)
茶人(チャジン)
陸羽(リクウ)
鴻漸(コウゼン)
中国(チュウゴク)
唐(トウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000189609解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!