このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188819
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001009119
事例作成日
(Creation date)
2015/10/10登録日時
(Registration date)
2016年03月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月04日 00時30分
質問
(Question)
徳川家康の頃、関ヶ原の前後(1600年)の
・日本全国の石高合計
・伊達政宗の石高
・前田利家の石高が知りたい。
回答
(Answer)
次の資料に掲載されていました。

①日本全国計の石高
『日本経済史大系 3』(東京大学出版会 1974)
山口啓二「豊臣政権の成立と領主経済の構造」の項目があり、
p.65 「第2表 豊臣氏・江戸幕府蔵入高比較」として「慶長3(1598年)-総石高 1850.9千石、慶長10年代)‐総石高 2000.0千石」と書かれています。  

『戦国史事典』(戦国史事典編集委員会/編著 秋田書店 1980.10)
p.347 上記資料が引用されています。

② 伊達政宗の石高、前田利家の石高が知りたい。
『江戸諸藩要覧』(井上隆明/編 東洋書院 1982.6)
p. 17 ・伊達政宗 仙台藩 62万石
p.107 ・前田利家 加賀藩 120万石(利長のころ)の記述があります。

『日本史総合辞典』(林陸朗/[ほか]編集 東京書籍 1991.11)
p.494に幕府直轄領の「天領(てんりょう)」の石高は大坂の陣のあとの段階で約230万石と書かれています。

[事例作成日:2015年10月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本経済史大系 3 東京大学出版会 1974 (65)
戦国史事典 戦国史事典編集委員会∥編著 秋田書店 1980.10 (347)
江戸諸藩要覧 井上/隆明∥編 東洋書院 1982.6 (17)
日本史総合辞典 林/陸朗∥[ほか]編集 東京書籍 1991.11 (494)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000188819解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決