このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188625
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2015-033
事例作成日
(Creation date)
2015年12月25日登録日時
(Registration date)
2016年02月26日 16時01分更新日時
(Last update)
2016年03月30日 20時28分
質問
(Question)
水道の「蛇口」という言葉の語源を知りたい。
回答
(Answer)
「蛇口」という言葉の語源として、次の3つの説がありました。

【1】明治期に屋外に設置された「共用栓」の円柱部を蛇腹と呼んでいたことから、その吐水口を「蛇口」と呼んだ。
【2】日本で当初使用されていた輸入品の「共用栓」の吐水口にはライオンのレリーフがあり、これが国産になったときライオンと龍の折衷形をした「龍口付き共用栓」となり、やがて完全な龍の形になった。龍は日本では蛇と混同されており、龍の形をしているが蛇と呼ばれ、「龍口」が「蛇口」になった。
【3】イギリスからの輸入品の「共用栓」は、ライオンが水道の口に取り付けてあり、日本で作られるようになると龍のデザインとなり、龍の元となった生き物が「へび」であることから、「蛇体鉄柱式共用栓」とよばれるようになった。そして、専用栓が付くようになった時、「蛇体鉄柱式共用栓」を小さくしたものということで「蛇口」と呼ばれるようになった。

以上のどれが定説であるかは、はっきりしませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生工学.都市工学  (518)
参考資料
(Reference materials)
栄森康治郎 著 , 栄森, 康治郎, 1927-. 水と暮らしの文化史. TOTO出版, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002428805-00 , ISBN 4887061080
紀谷文樹 [ほか]著 , 紀谷, 文樹, 1938-. 暮らしをささえる水. 彰国社, 1987. (彰国社サイエンス)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001862944-00 , ISBN 4395002196
高堂彰二 著 , 高堂, 彰二. トコトンやさしい水道の本. 日刊工業新聞社, 2011. (B&Tブックス. 今日からモノ知りシリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023153935-00 , ISBN 9784526067808
キーワード
(Keywords)
蛇口
水道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188625解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決