このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188617
提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図15-17
事例作成日
(Creation date)
2015年09月06日登録日時
(Registration date)
2016年02月26日 14時34分更新日時
(Last update)
2016年02月26日 14時35分
質問
(Question)
日本経済新聞(2015/9/6 朝刊25面)に掲載されている「花粉化石、花の起源秘める」という記事に関連する資料を紹介してほしい。

1.ダーウィンが花の起源について「忌まわしき謎」としたその進化学的な実情が紹介されている資料

2.果実の起源について説明している資料

3.イスラエルにある1億3500万年前の白亜紀初期の地層で見つかった花粉化石がどのような植物のものとされているか、確認できる資料
回答
(Answer)
1~3の各項目について、以下の図書①と雑誌記事②~⑤を紹介した。

【1「忌まわしき謎」について】

①『被子植物の起源と初期進化』(高橋正道、北海道大学出版会、2006)

②清水健太郎.「Fraction Collector ダーウィンの"忌まわしき謎"--エレガント&力づくの分子系統樹で最古の花が同定された」.『蛋白質核酸酵素』、45巻4号(2000年3月)、p.618-620.


【2 果実の起源について】

③小林真生子ほか.「千葉県沖ノ島遺跡から出土した縄文時代早期のアサ果実 」、『植生史研究』、17巻1号(2009年3月31日)、p.27-31.

④西田 治文.「世界最古の被子植物化石の発見」、『遺伝 : 生物の科学』、53巻5号(1999年5月)、p.8.


【3 白亜紀初期の地層で見つかった花粉化石について】

①『被子植物の起源と初期進化』(高橋正道、北海道大学出版会、2006)

⑤ 山田 敏弘.「被子植物の起源--花はいつ,どこで咲いた?」、『科学』、80巻11号(2010年11月)、 p.1098-1100.
回答プロセス
(Answering process)
【1「忌まわしき謎」について】
当館OPACで<被子植物>と検索し、ヒットした図書の内容を確認したところ、①に該当する記述が見つかった。
また、国立国会図書館サーチで<忌まわしき謎>と検索した際に、②の雑誌記事がヒットした。

【2 果実の起源について】
JDreamⅢで<果実 最古>や<果実 化石>と検索した際にヒットした③、④の雑誌記事を紹介した。

【3 白亜紀初期の地層で見つかった花粉化石について】
1で紹介した①の図書を確認したところ、関連する記述が見つかった。
また、JDreamⅢで<被子植物 化石>と検索した際にヒットした雑誌記事⑤では、最古の花粉化石として異なる説が紹介されていたため、あわせて紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
古生物学.化石  (457)
参考資料
(Reference materials)
高橋正道 著 , 高橋, 正道, 1950-. 被子植物の起源と初期進化. 北海道大学出版会, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008137065-00 , ISBN 4832981315 (→p.ⅰ-「はじめに」において、被子植物の起源と初期進化が「Abominable mystery=忌まわしき謎」とされてきた経緯について簡潔に述べられている。
→p.118-119「2.最古の被子植物花粉化石」に、イスラエルの後期バランギニアン期~前期オーテリビアン期(1億3200万年前)のHelez層から発見された無口型の被子植物の花粉化石についての記述がある。
→p.276-279「3.被子植物の「忌まわしき謎」はどこまで解明されたか?」という項目がある。)
Fraction Collector ダーウィンの"忌まわしき謎"--エレガント&力づくの分子系統樹で最古の花が同定された. 2000-03. 蛋白質核酸酵素 / 共立出版株式会社 [編] 45(4) (606) p. 618~620
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5278211-00  (→被子植物は、その多様性のために系統樹の作成が困難であったことや、最古の花としてアンボレラが示されるまでに、様々な説が挙げられてきたことなどが述べられている。)
工藤 雄一郎 , 小林 真生子 , 百原 新 他 , 工藤 雄一郎 , 小林 真生子 , 百原 新. 千葉県沖ノ島遺跡から出土した縄文時代早期のアサ果実の14C年代. 2009-03. 植生史研究 17(1) p. 27~31
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I10283707-00  (→当館に所蔵がないため抄録で確認したところ、果実化石としては世界最古とされるアサ果実の算出記録について述べられていた。)
西田 治文 , 西田 治文. 世界最古の被子植物化石の発見. 1999-05. 遺伝 : 生物の科学 53(5) p. 8~9,巻頭図1p
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I4720668-00  (→1998年に世界最古の被子植物の化石として報告された被子植物「Archaefructus liaoningensis(アルカエルフルクトゥス・リャオニンゲンシス)の化石に、種子の入った果実が見られることが紹介されている。)
山田 敏弘 , 山田 敏弘. 被子植物の起源--花はいつ,どこで咲いた?. 2010-11. (特集 恐竜の進化とその時代) 科学 80(11) (939) p. 1098~1100
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I10855225-00  (→p.1098「今のところ、最古の確実な被子植物化石は、イングランドから報告された、約1億3000万年前の被子植物の花粉化石である。」という記述があった。)
キーワード
(Keywords)
果実
化石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!