このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000186307
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15120310377340
事例作成日
(Creation date)
2015/12/03登録日時
(Registration date)
2015年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
東京スカイツリーは地震に強い設計と聞いたが、どのようになっているのか。小学生くらいの子向けに簡単に書かれているものが良い。
回答
(Answer)
スカイツリーの地震対策の大きな特徴として、ナックルウォールと心柱制振がある。
ナックルウォールとは基礎部分の柱を棒状ではなく壁状にし、更に壁に突起状の節をつけ、風や地震の揺れで抜けにくくしたものである。スカイツリーの場合は壁状に穴をあけた地盤に鉄筋でできたかごを入れ、そこにコンクリートを流し込み柱を作るという方法がとられた。
心柱制振は塔の中心に鉄筋コンクリート製の筒状の柱を作り、下から3分の1を塔に固定しその上が自由に動くようになっているものである。可動部分はオイルダンパーという衝撃吸収装置が取り付けられている。地震が起きると塔の部分とこの柱が別々に揺れ、互いに揺れを打ち消しあう仕組みである。最大50パーセントの揺れを低減できるといわれている。法隆寺や日光東照宮などの五重塔の心柱に形が似ているのでこの名がついた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の建築  (526 9版)
参考資料
(Reference materials)
瀧井宏臣『東京スカイツリーの秘密』講談社,2012,179p.参照はp.10-14
『科学感動物語 11』学研教育出版,2013,215p.参照はp.50-57、67-71
NHK出版編『図解東京スカイツリーのしくみ』NHK出版,2012,63p.参照はp.18-19、42-45
モリナガ ヨウ『図解絵本東京スカイツリー』ポプラ社,2012,52p.参照はp.14-15、36
『小学生のための東京スカイツリーガイド』小学館,2012,104p.参照はp.52、55
マイカ『まるごとわかる!地デジの本』汐文社,2011,47p.参照はp.25-31
平凡社編集部編『東京スカイツリーハンドブック』平凡社,2012,63p.参照はp.28-31
『東京スカイツリーのすべて100』講談社,2012,1冊(ページ付なし).
発明図鑑編集委員会編『日本の発明・くふう図鑑』岩崎書店,2014,175p.参照はp.120-121
キーワード
(Keywords)
東京スカイツリー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015120310343477340
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000186307解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!