このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184596
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001270
事例作成日
(Creation date)
2014/09/22登録日時
(Registration date)
2015年11月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年12月06日 15時43分
質問
(Question)
①『ダイエット』という言葉の語源を教えてください。
②『ダイエット』という言葉が世間で(特に日本で)「やせる(ための行動や活動)」というように使われるようになった由来がわかれば教え
てください。

 ※インターネットでもそれなりの情報はあるのですが、もう少し掘りさげられないかと思い、お願いしました。
回答
(Answer)
①「ダイエット」の語源について
・『外来語語源辞典』(東京堂出版 1994)によると、「(英語diet) 痩せるための食事制限.もとは痩せるためと太るための規定食をいった.古代フランス語diete「食事療法」から.中世ラテン語diaetaはギリシャ語diaita「生活様式」からの借用.」とあります。

・『スタンダード英語語源辞典』(大修館書店 1989)によると、英語のdietは、「(名詞)日常の食物.規定食(自動詞)規定食をとる」という意味が記されており、「13世紀には単に「食物」の意味だった。(フランス語)diete←(ラテン語)diaeta←(ギリシャ語)diaita「生き方」で、(ラテン語)dies「日」と語源的に無関係であるが、中世ラテン語の時代に「1日の旅程,1日の仕事,1日の食事」などを意味するようになった」(p140)とあります。

・『英語慣用語源・句源辞典』(モートン・S.フリーマン著 松柏社 2000)によると、「・・・dietという語が人の日常の飲食物や内科医により処方された食事療法を意味するようになったのは、ギリシャ語のdiaita(生活様式)に由来する。このdietは13世紀の英語の舞台に登場した。その時は食事,一日分の食糧の意味であった。・・・」(p107-108)とあります。

②「ダイエット」の日本での使用について
・『日本国語大辞典 第8巻 第2版』(小学館 2001)「ダイエット」の項によると、中島梓『にんげん動物園』(1981)の「やはりダイエットがアメリカにとっては全国的な関心事で」という用例が記載されています。

・『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 件名編3』(大宅壮一文庫 1985)には、「痩身美容」という件名で記事索引が作成されています。
「痩身美容」の件名の最初の記事は『日本一』(1917.11)の「減食講演隊 フレッチャー食療法など」という記事ですが、次は『週刊新潮』(1959.10.12)の、「タウン”やせる方法”に空前の反響5月6日「婦人ニュース」」という記事で、1950年代には、すでにダイエットが注目されていることがわかります(p903)。痩身美容における「ダイエット」という記事見出しの初出は、『ヤングレディ』(1973.12.2)で、「グラビア ダイエットメニューつき・美しくやせる週刊スケジュール巻頭」という記事です(p903)。1978年頃より色々な雑誌で「ダイエット」という言葉を記事に使うようになってきます。『サンデー毎日』(1979.7.8)には「ダイエットビール」の記事があります。
   ※大宅壮一文庫が所蔵する約6,500種類24万冊の雑誌のうち、明治から1984年待つまでのおよそ2,000種に掲載された事項別索引。

③補足
『ダイエットの歴史』(海野弘著 新書館 1998)によると、「ダイエットが社会現象になるのは十九世紀末ごろから」で「1880年と1930年の間に、アメリカの食事の変換期があった」(p12-13)とあり、また、「近代のダイエットが最も盛んだったのはアメリカであり、今もそうである。」(p14)とありますので、日本のダイエットは、アメリカの影響でおこった現象であると言えるでしょう。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
(インターネットで検索した内容)
  http://gogen-allguide.com/ta/diet.html
NDC
英語  (83 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 外来語語源辞典 堀井/令以知?編 東京堂出版 1994.6 813.7/56 p124

2 スタンダード英語語源辞典 下宮/忠雄?[ほか]編 大修館書店 1989.5 832/7 p140

3 英語慣用語源・句源辞典 モートン・S.フリーマン?著 堀口/六寿?訳 松柏社 2000.12 832/10002 p107-108

4 日本国語大辞典 第8巻 第2版 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2001.8 R813.1/10019/8 p592

5 大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 件名編3 大宅壮一文庫 1985.8 051.3/32/2-3 p902-915

6 ダイエットの歴史 海野/弘?著 新書館 1998.8 595.6/10001
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184596解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!