このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177506
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001008957
事例作成日
(Creation date)
2015/04/01登録日時
(Registration date)
2015年07月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月20日 00時30分
質問
(Question)
「梅酒」のおいしい作り方についての資料を紹介してください。
回答
(Answer)
「梅酒の作り方」について、当館の資料から内容を確認できたもののうち、5冊をご紹介します。

1.『ジャム・果実酒・漬け物: 四季の手作り食品と保存食(Tomo series)』(主婦の友社 1980)【593/1987/#】 
p.32-33 カラー写真で梅酒の作り方をわかりやすく説明されています。
「分量の目安は、青梅1kg 氷砂糖 500~1kg 35度のショウチュウ(ホワイトリカーなど) 1.8ℓ」、果実酒共通のポイントとして、「材料は新鮮で熟しすぎてないもの、砂糖は純度の高い氷砂糖を使い、少なめの砂糖で長く置くのがよく、お酒は35度の焼酎(ホワイトリカーなど)を使うと果実の自然の味が生かせるとのことです。保存容器はきれいに洗い、水気をよく切って使うことも大事です。これが梅酒を作る際のポイントになるかと思います。」という説明があります。

2.『梅料理・梅仕事: 健康10倍!紘斉式』(松本紘斉/著 主婦の友社1987.6)【593/2093/#】 
p.58-62 白黒写真で上記と同様な説明と分量の記載があります。

3.『やっぱり梅酒梅干し: Cooking & outdoor』(中川紀子/著 創森社 1996.4)【596.3/85N】
第1章に梅酒と梅ドリンクの作り方が詳しく掲載されています。(p.13-46)
梅・砂糖・酒の吟味の仕方や梅の実の下ごしらえ、変わり風味の梅酒(夏みかん入り、プラム入りなど)の作り方、梅酒の梅を利用した梅ジャム、シソ巻梅、梅の甘露煮などについても記述されています。以下ご紹介するものの中では最も詳しい資料で、図による説明もわかりやすいです。

4.『梅のレシピ55 すっぱいが元気の素』(上村泰子/著 日東書院本社 2007.3)【596.3/377N】 
作り方は、p.104-105にありますが、p.106に梅酒に適した梅は「まったく熟していない、かたい青梅を使います。熟した梅を使うと、梅酒が濁る原因となる」という説明があります。

次の図書には、砂糖を全く使わない梅酒の作り方があります。
『砂糖を使わない手作り果実酒・ハーブ酒・健康酒 日曜日の遊び方』(秋本栄司/著 雄鶏社 1996.6)【596.7/55N】p.74-75

[事例作成日:2015年4月1日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 8版)
参考資料
(Reference materials)
ジャム・果実酒・漬け物 主婦の友社 1980 (32-33)
梅料理・梅仕事 松本/紘斉∥著 主婦の友社 1987.6 (58-62)
やっぱり梅酒梅干し 中川/紀子∥著 創森社 1996.4 (13-46)
梅のレシピ55 上村/泰子∥著 日東書院本社 (104-106)
砂糖を使わない手作り果実酒・ハーブ酒・健康酒 秋本/栄司∥著 雄鶏社 1996.6 (74-75)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000177506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決