このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175261
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000022103
事例作成日
(Creation date)
2015/05/20登録日時
(Registration date)
2015年05月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月15日 14時11分
質問
(Question)
ネムノキについて和歌や名前の由来、その他豆知識になる本を探している。
回答
(Answer)
『短歌俳句植物表現辞典』(遊子館)p.257に「奥の細道」や「万葉集」、正岡子規、若山牧水など和歌・俳句が載っている。
『古典文学植物誌』(学灯社)p.96にも掲載あり。

『短歌俳句植物表現辞典』(遊子館)には、「合歓木」(ねむのき)という和名由来は「葉が夜に閉合し睡眠するように見え『眠之木(ネブリノキ)』から」と載っていた。また、樹皮は打撲傷、駆虫などの薬用となることも載っていた。

『草木染染料植物図鑑』(美術出版社)p.174には、緑葉からアルミ媒染で鮮やかな黄色、菜の花色(青味のある黄色)になり、鉄媒染で海松色、鉄と石灰で昆布茶色になると載っていた。

当データ公開後、Twitterから『万葉の花鳥風月』(保育社)にも参考となる記述があるとのご指摘をいただいた。大阪府立図書館から借用して内容を確かめてみると、「夜になると、オジギソウやマイハギと同じように葉が合わさり、眠る行動を起こすことから眠りの木と名づけられ、それがねむの木に変化したもの」とあった。また歓という字は昏という字と同じ意味であり、夜に葉と葉があわさる様を結婚にたとえたとの解説もある。そして、紀女郎と大伴家持との間での贈答歌のやりとりをエピソードとして紹介している。
回答プロセス
(Answering process)
『図説草木辞苑』『古典文学植物誌』を見ると『万葉集』に出てくることがわかったので、『萬葉植物事典』も見てみる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
参考資料
(Reference materials)
『都市樹木大図鑑』北村 文雄/[ほか]著(講談社) (p.280)
『古典文学植物誌』国文学編集部/編(学灯社) (p.96)
『草木染染料植物図鑑[』正]山崎 青樹/著(美術出版社) (p.174-175)
『図説草木辞苑』(柏書房) (p.279-280)
『短歌俳句植物表現辞典』大岡 信/監修(遊子館) (p.257)
『歌語例歌事典』鳥居 正博/編著(聖文社) (p.184)
『萬葉植物事典』大貫 茂/著(クレオ) (p.83)
キーワード
(Keywords)
合歓の木(ネムノキ)
植物名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000175261解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!