このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175255
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000022041
事例作成日
(Creation date)
2015/05/16登録日時
(Registration date)
2015年05月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年06月17日 10時06分
質問
(Question)
バニラビーンズとバニラエッセンスと、調理に用いた場合、その効用に違いはあるのか。
回答
(Answer)
特許出願にあたり、バニラビーンズと天然バニラ香料およびバニラエッセンス、三者の官能試験を実施している例があったので、そちらを紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
食品料理の書架にある資料を確認した。バニラビーンズの系統による特徴の違いについて書かれた図書(『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』柴田書店)はあったが、問合わせの回答にあたるような資料は探せなかった。
そこでCinii ArticlesやJ-STAGEなどの論文データベースでも検索したが、適当なものを見つけられなかった。
さらにgoogleにより検索すると、国内で商業的な取組みとしてバニラ栽培が始まっているとの記事が目に留まったので、そこから特許情報プラットフォーム https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage を活用することにした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』中山 弘典/共著(柴田書店) (p300)
キーワード
(Keywords)
バニラビーンズ
バニラ豆
バニラエッセンス
香料
料理
官能
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
名称:天然バニラ香料の製造方法(特願2009-172882 特開2011-26431 特許5504497)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000175255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決