このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000171393
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-310
事例作成日
(Creation date)
2014年11月22日登録日時
(Registration date)
2015年04月23日 08時30分更新日時
(Last update)
2015年04月23日 08時30分
質問
(Question)
明治初年における御土居の開墾についての資料を見たい。
回答
(Answer)
御土居とは、『京都大事典』のp150によると、豊臣秀吉による京都改造の一環として天正19(1591)年に京都の周囲に築かれた土塁のことで、東は鴨川、西は紙屋川、北は鷹峯、南は九条に内接する。

御土居の開墾については、『御土居堀ものがたり』のp111~114「明治の「悉皆開拓」令」に詳しく記載されている。

また、行政文書については、明治4(1871)年9月に、府内に「布令書」を出して御土居籔地の開拓を促している。開墾の様子については、「御土居諸願綴込」に記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.『京都大事典』で「御土居」を調べた。

2.京都府立総合資料館の図書検索システムで、キーワード「御土居」を検索した。検索の結果見つかった資料を調べたところ、『御土居堀ものがたり』『豊臣秀吉と京都:聚楽第・御土居と伏見城』『平安京跡・御土居跡』に、御土居について詳しく記載されていた。

3.行政文書に該当するものがあるかを確認するため、当館の文書閲覧室で利用できる「歴史資料データベース」の行政文書検索でキーワード「御土居」を検索した。検索の結果見つかった簿冊についてその件名簿を確認したところ、「布令書」「御土居諸願綴込」に御土居の開墾について記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都大事典』 佐和隆研[ほか]編集 淡交社 1984年 図書請求記号:K0||291.62||KY6
『御土居堀ものがたり』 中村武生著 京都新聞出版センター 2005年 図書請求記号:K1||216.2||N37
『豊臣秀吉と京都:聚楽第・御土居と伏見城』 日本史研究会編 文理閣 2001年 図書請求記号:K1||216.2||N71
『平安京跡・御土居跡』 京都市埋蔵文化財研究所 2007年 (京都市埋蔵文化財研究所発掘調査報告;2006-18) 図書請求記号:K1||210.025||Ky6||06-18
「布令書」 行政文書簿冊番号:明3-6
「御土居諸願綴込」 行政文書簿冊番号:明3-55
キーワード
(Keywords)
御土居
開拓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000171393解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決