このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170005
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-76
事例作成日
(Creation date)
2015年03月28日登録日時
(Registration date)
2015年03月28日 13時52分更新日時
(Last update)
2015年04月15日 11時54分
質問
(Question)
六角獄舎(六角牢屋敷)の規模が知りたい。配置図があれば見たい。
回答
(Answer)
六角獄舎は,京都町奉行所付属の牢獄で,正式名称を「三条新地牢屋敷」といいます。小川通御池上ル西側にあった牢獄が宝永5年(1708)の大火で類焼し,翌年に六角通神泉苑西入因幡町に移転したもので,六角通に面していたため,「六角の獄舎」と呼ばれました。元治元年(1864)の蛤御門の変の際に,平野国臣(くにおみ)ら33名の志士が斬首されたことで有名です。

建物は天明8年(1788)の大火で焼失,再建され,寛政6年(1794)に修復工事が行われました。再建後も,規模はほぼ同じでした。(【資料10】)
東西約65m,南北約53m,面積約3640㎡,総坪数1102坪で,外側を竹柵来,内側を築地で囲み,本牢・切支丹牢・女牢などがありました。

規模は【資料1~4,6~8】,配置図は【資料5,6,8~10】に載っています。多くの資料が『京都御役所向大概覚書』や『雑色要録』の記述をもとに書かれていますが,前者は宝永の再建時,後者は天明の再建時について書かれたものです。
回答プロセス
(Answering process)
●京都の地理,地名に関する資料から・・・【資料1】【資料2】
  【資料1】・・・『京都御役所向大概覚書』より,敷地東西38間,南北29間,総坪数1102坪
  【資料2】・・・東西約65m,南北約53m,面積約3640㎡

●京都の歴史,幕末に関する資料から・・・【資料3】~【資料5】
  【資料3】・・・『雑色要録』の記述を引用。敷地面積や各牢の大きさなど。
          牢屋地面:東西38間,南北29間,坪数1102坪
  【資料4】・・・『京都御役所向大概覚書』・『雑色要録』を引用。
          “両史料中の数字の相違は,前者が宝永再建時,後者が天明再建時のものによるからである。”
          (敷地面積等ほとんどは同じだが,一部数値が異なる。)
  【資料5】・・・復元図あり。(京都大学法学部所蔵の図による。)
         
●“牢屋敷”“獄舎”“監獄”をキーワードに当館所蔵資料を検索・・・【資料6】
  規模は『雑色要録』による。p52に『京都御役所向大概覚書』の配置図を掲載。

●上記資料で引用されている『雑色要録』,『京都御役所向大概覚書』を確認する・・・【資料7】【資料8】
  『雑色要録』→【資料7】p332“於牢屋敷大赦の節役人着座絵図”あり。
                 門の位置などはわかるが,詳細な配置図ではない。
  『京都御役所向大概覚書』→【資料8】

●“牢屋敷”をキーワードに京都府立総合資料館の所蔵資料を検索・・・【資料9】「六角牢屋敷」1枚ものの図面あり。(年代不明)

●古地図を確認・・・【資料10】「六角牢屋敷図」(刊年不明)。地図上に“京を語る会複製(昭49.6)”とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
近畿地方  (216 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』(平凡社 1979) p820~821
【資料2】『昭和京都名所図会 5 洛中』(竹村俊則/著 駸々堂出版 1984) p294~295
【資料3】『幕末維新京都史跡事典』(石田孝喜/著 新人物往来社 1997) p259~260
【資料4】『史料京都の歴史 9 中京区』(京都市/編 平凡社 1985) p293~295
【資料5】『京都の歴史 7 維新の激動』(京都市/編 京都市史編さん所 1979) p234
【資料6】『京都の監獄史』(纐纈末雄 1987) p50~54
【資料7】『日本庶民生活史料集成 第14巻 部落』(谷川健一/編集委員代表 三一書房 1971) p331~332,354
【資料8】『京都御役所向大概覚書 上巻』(岡田信子/[ほか]校訂 清文堂出版 1988) p223~224
【資料9】『近世京都絵図十種』(京を語る会 1975) ⑥「六角牢屋敷」,別冊p15~16
【資料10】『日本の古地図 10 京都幕末維新』(講談社 1977) p11
キーワード
(Keywords)
六角獄舎
六角牢屋敷
三条新地牢屋敷
牢屋
獄舎
牢獄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000170005解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!