このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168247
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2014-29
事例作成日
(Creation date)
2014年09月18日登録日時
(Registration date)
2015年02月25日 14時11分更新日時
(Last update)
2016年01月29日 16時00分
質問
(Question)
五木寛之『青春の門』について
上記小説は昭和版の『人生劇場』(尾崎士郎)だと言われている。
作者自身もそのように言っているのだが、その事実を確認ができる記事を入手したい。
回答
(Answer)
『五木寛之作品集』(文藝春秋 1974)
  月報18 p2  青木秀(西日本新聞社取締役 編集局長) "九州と五木さん"
   「『青春の門』の筑豊篇を取材に来たとき、五木さんは初めて筑豊を見るのだが、それまでにふくらんでいた
    イメージに"これだ"と思ったようだ。そして「私なりの"人生劇場"を書いてみたい」と洩らした時、その舞台は
    筑豊でなければならなかった。『青春の門』は、そうして書き始められたと思うが、休筆で中断中である…」

≪そのほか関連資料≫
『五木寛之の美学』(佃実夫著 講談社, 1979.9)
  "「青春の門」その途上での観察"
    p200「…尾崎士郎さんの『人生劇場』を連想しますが、当人もそれは承知しているんでしょう。…」
    p202「先の引用の小松伸六の談話…尾崎士郎の『人生劇場』の件については、もちろん五木も承知し
       ていて、<筑豊を…人生劇場風なロマンの大河小説>…」
  
『五木寛之論』(松本鶴雄著 林道舎, 1995.9)
  "「青春の門」について" 
    p126「…おそらく読者も半ば意識的に尾崎士郎描くところの『人生劇場』現代版を…」

※当館未所蔵のため確認できませんでしたが、そのほかにも掲載の可能性がある資料もありました。
 詳細は回答プロセスを参照ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.基本事項の確認
 『青春の門』
   五木寛之著作の長編小説。
   作者自身の体験を基底に、自己音個性に誠実な生を見出そうとして苦悩する、
   わかき魂の遍歴を辿った大河小説。
   しばしば『人生劇場』(尾崎士郎)と比較されるが、作品の実質ははるかに明るい

   初出 筑豊篇 『週刊現代』連載 1969.6.19-1970.4.30)
  立志篇→自立篇 『週刊現代』連載 1970.5.7-1971.5.13
  放浪篇 『週刊現代』連載 1971.9.16-1972.4.13
  堕落篇 『週刊現代』連載 1975.1.2-1975.12.15
  望郷篇 『週刊現代』連載 1976.10.7-1977.10.6
    再起篇 『週刊現代』連載 1979.4.12-1980.3.27
  挑戦篇 『週刊現代』連載 1990.1.6/13合併号-1991.5.4
  風雲篇 『週刊現代』連載 1993.7-1994.4

   初版 1970.11-1993.6 講談社
      風雲篇は未完

 ※以上の情報源:【★1】『日本現代文学大事典』作品篇 p503
         『国立国会図書館サーチ』< http://iss.ndl.go.jp/


2.『青春の門』の解説・解釈資料(文庫本・全集)
 ※文庫、該当小説を収録した全集の所蔵なし
  『現代日本の文学』2-10 五木寛之・野坂昭如集 (学修研究社 1976.1 9186/G341/2-10)
p17-32 尾崎秀樹"デラシネの軌跡を追って 五木寛之文学紀行"
『青春の門』についてふれてはいるが、回答に繋がる記述はなし


3.作家の研究書
 3-1.当館OPAC <件名:五木寛之>
 【★2】『五木寛之の美学』
     p194-223 "「青春の門」その途上での観察" 
      p200「…尾崎士郎さんの『人生劇場』を連想しますが、当人もそれは承知しているんでしょう。…」
 (小松伸六談話「圧倒的五木寛之ブームを解剖する」昭和46年10月14日号『週刊現代』の引用)
      p202「先の引用の小松伸六の談話…尾崎士郎の『人生劇場』の件については、もちろん五木も承知
         していて、<筑豊を…人生劇場風なロマンの大河小説>…」
          (五木寛之・松永伍一『紀行対談』①博多 講談社, 1975 の引用)

  『五木寛之論』(松本鶴雄著 林道舎, 1995.9 91026/I91-2)
    p126-133"「青春の門」について"  
      p126「…おそらく読者も半ば意識的に尾崎士郎描くところの『人生劇場』現代版を…」
      p132「…先ほど『人生劇場』的な要素が途中からなくなってくる…『人生劇場』の仮想では済まなくなった」
      p133「それゆえに彼は『人生劇場』的なロマネスクの枠を次第に内側から突き破って行き、…」

  『五木寛之の世界』(文芸春秋編 文芸春秋, 1976  91026/I91)
    『五木寛之作品集』全24巻(文芸春秋 1972.10-1974.9)の各巻に掲載された解説を一部加筆訂正して収録
     p139-151 田野辺薫"大量関心の文学" 作品集第10巻 『青春の門』 に執筆
     p150「また父を失い義母のタエに育てられた信介は…タエが亡くなったあと一人東京へ遊学する。
        このあたりは尾崎士郎『人生劇場』の青成瓢吉の青春の軌跡を思わせるものがある」
     巻末:「執筆目録」より
   文庫「解説」 尾崎秀樹"『青春の門(筑豊篇下)』"(講談社文庫 昭和47(1972).10)
               進藤純孝"『青春の門(自立篇下)』"(講談社文庫 昭和48(1973).10)
               福田善之"『青春の門(放浪篇下)』"(講談社文庫 昭和50(1975).4)

 ≪以下資料には該当記事を確認できず≫
『雑民の魂 : 五木寛之をどう読むか』(駒尺喜美著 講談社, 1977.7  91026/I91-1)


4.雑誌記事・対談記事・論文
  <キーワード:五木寛之 青春の門, 著者:五木寛之/キーワード:青春の門, 青春の門 人生劇場 など>
 4-1.雑誌・論文
  【★3】『MagazinePLUS』
     14件のヒット。当館所蔵の文献からは回答につながる情報を確認できず。
   ≪参考までに≫
    『国文学:解釈と教材の研究』21(8) 6月臨時増刊号 1976.6
     「特集 深沢七郎と五木寛之 永遠のアウトサイダー」
 p205- 「編年体・五木寛之の軌跡」
     所々本人の談話が転載されている
    『国文学:解釈と鑑賞』 41(10) 1976.8 「特集 社会派の系譜 石川達三と五木寛之」
p142-145 「五木寛之研究文献案内」

  【★4】『国会図書館サーチ』
     当館所蔵の文献からは回答につながる情報を確認できず。

    ≪内容の確認はできないが、「青春の門」に関する著者の記事≫
      論文名 :対談 「青春の門」とわれらの故郷--「激動する筑豊に生きた子どもの四季を描きたかった」
      著者   :五木寛之 ; 蔵原惟繕
      収録雑誌:現代. 15(2) 1981.02

 ≪回答につながる情報を確認できず≫ 
  『ざっさくプラス』【契約データベース】
  『大宅壮一文庫雑誌記事索引検索Web版』【契約データベース】

 4-2.新聞
  いづれも回答に繋がる記事を確認できず。
 
  『聞蔵Ⅱ(朝日新聞)』【契約データベース】
  『ヨミダス歴史館(読売新聞)』【契約データベース】
  『中日新聞』【契約データベース】


5.その他
 調査の過程で見つかった資料
   『大衆文化事典』(石川弘義 [ほか] 編 弘文堂, 1991.2  361/TA24)
     p51「五木寛之」 …代表作に現代版『人生劇場』ともいえる『青春の門』…
     p102「尾崎士郎」 …『人生劇場』の連載をはじめ、…五木寛之の『青春の門』にも大きな影響を与えた

 【★5】『五木寛之作品集』月報18 p2
      青木秀(西日本新聞社取締役 編集局長) "九州と五木さん"
        「『青春の門』の筑豊篇を取材に来たとき、五木さんは初めて筑豊を見るのだが、それまでにふくら
         んでいたイメージに"これだ"と思ったようだ。そして「私なりの"人生劇場"を書いてみたい」と
         洩らした時、その舞台は筑豊でなければならなかった。『青春の門』は、そうして書き始められたと
         思うが、休筆で中断中である…」

       ⇒当館未所蔵、春日井市図書館の所蔵資料(第18巻に装備)で確認

≪掲載の可能性がある資料 (当館未所蔵のため確認できず)≫
 『五木寛之論:時の過ぎゆくままに』(中田耕治 響文社 2004)

以上
Web最終確認日:2015/02/25
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
日本文学  (910 9版)
作品集  (918 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】三好 行雄/[ほか]編集 , 三好‖行雄. 日本現代文学大事典 作品篇. 明治書院, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000233733-00  (当館請求記号:9103/MI91-1/1)
【★2】佃実夫 著 , 佃, 実夫, 1925-1979. 五木寛之の美学. 講談社, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001425490-00  (当館請求記号:91026/I91-3)
【★3】契約DB『Magazine Plus』 (一般誌から専門誌、大学紀要、海外誌紙まで収録した雑誌記事(書誌)データベース)
【★4】『国立国会図書館サーチ』< http://iss.ndl.go.jp/ > (国立国会図書館蔵書検索をはじめ様々なデータベースを検索可能)
【★5】五木寛之 著 ; [文芸春秋 編] , 五木, 寛之 , 文芸春秋. 五木寛之作品集 月報1-24. 文芸春秋, 1972.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I054019590-00
キーワード
(Keywords)
青春の門
五木寛之
人生劇場
尾崎士郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
春日井市図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
作品
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000168247解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!