このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166677
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2014-19
事例作成日
(Creation date)
2014年05月21日登録日時
(Registration date)
2015年01月23日 17時43分更新日時
(Last update)
2016年03月18日 15時44分
質問
(Question)
尾崎士郎による記事を探している。
1960(昭和35)年安保条約改定反対表明を各団体が行っており、文芸家協会も反対表明をしていた。
それに対し、文芸家協会は反対表明を行うべきではない、という記事をどこかの新聞で書いているらしい。
その記事を入手したい。

[背景]
1960年6月に安保条約改定成立
質問の記事はそれ以前に発表されているはずである。
回答
(Answer)
次の資料が該当記事だと思われる。当館未所蔵のため、ご入り用の際は複写申込みが必要。

論  題:「文芸家協会」総会にて
著  者:尾崎士郎
掲載雑誌:新潮 57(8) 42-43 1960.8.1 

そのほか関連記事もあり。
詳細は回答プロセス参照。
回答プロセス
(Answering process)
1.基本事項の確認
  『JapanKnowledge(ジャパンナレッジ)』契約DB
    「日米安全保障条約」(『日本大百科全書(ニッポニカ)』より)
      正式には「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」。「安保条約」とも略称される。
      1960年(昭和35)1月19日に署名され、6月23日に発効。
      現行の条約は1960年の「安保改定」によって、旧安保条約(1951年9月8日調印、52年4月28日発効の
      「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」)に代替したもの

    「日本文芸家協会」(『日本大百科全書(ニッポニカ)』より)
      文芸家団体。1926年(大正15)に設立された文芸家協会が前身。
      これは第二次世界大戦中、日本文学報国会の創立に伴い解散したが、45年(昭和20)に再建され、
      表題の名で発足。初代会長は菊池寛。チャタレイ裁判被告の擁護、原水爆禁止アピール、安保反対、
      国語国字改革運動に反対声明を出すなど、社会的な活動を重ねる。

2.雑誌記事を探す
 2-1.データベース
   <キーワード:尾崎士郎,安保条約,日本文藝家協会>
  『雑誌記事索引(国立国会図書館)』< https://ndlopac.ndl.go.jp/
    該当記事なし

  【★1】『ざっさくプラス』契約DB
    論  題:文学者の使命
    著  者:尾崎士郎
    収録雑誌:文芸首都 23(8) 74-76,1954.8 (奥付の巻号表記:23(8)、表紙の巻号表記:22(8))
     →【NDLデジタルコレクション送信資料】
       文中に "最近私は「文学者と政治」という小論を東京新聞に発表した。それは、今日、
       作家の中に政治的な要素がいろいろな形で加わってきているということを述べたものである"


 2-2.[2-1]の情報「文学者と政治」の詳細を調べる
  【★2】『国立国会図書館サーチ』
     <キーワード:尾崎 文学者と政治>

    論   題:文学者と政治家
    収録図書:『ぼくの人生読本』(尾崎士郎 池田書店 1956) p191-196
      ⇒「国立国会図書館デジタルコレクション」で閲覧可能
        初出情報なし。東京新聞に掲載の小論と同一のものであるかは不明。

  【★3】『日本新聞通史: 1861年-2000年』4訂版 
     p221 「人によっては、東条を激励する意味に解したくらいだから(尾崎士郎「文学者と政治家」
          東京新聞 昭和29・7・10)」 とあり

  『昭和文学年表』(浦西和彦,青山毅編集 明治書院 1995.3-1996.12 91026/U84-6/*)
     該当の情報なし
  

3.新聞記事から探す
 3-1.データベース
    <キーワード:文藝家協会,尾崎,安保/1960.1~1960.12>
  【★4】『聞蔵Ⅱビジュアル』契約DB
    記事名  :抗議の声明相次ぐ 文芸家協会や婦人団体_国会大暴れ・新安保単独可決
    掲載情報 :1960(昭和35)年5月21日 朝刊 11頁 

    *上記以外に文藝家協会と安保の関係の記事はヒットなし

  【★5】『ヨミダス歴史館』契約DB
    記事名  :文芸家協会で反対声明 安保通過に
    掲載情報 :1960(昭和35)年5月21日 朝刊 11頁
   
    記事名  : 「[よみうり抄]」
    掲載情報 :1960(昭和35)年6月13日 夕刊 3頁
      *20日午後1時に臨時総会を開く、という内容。
 5月21日の抗議声明以前、5月10日の会議での声明発表に関するいきさつにも触れている。

    記事名  :[雑誌評]特集「師弟」それぞれに興味 「新潮」8月号
    掲載情報 :1960(昭和35)年7月29日 夕刊 3頁
       *「尾崎士郎「文芸家協会総会にて」…職能団体である文芸家協会が安保反対声明を出すことに
          疑問を提出したもの…」と記載。
   
    記事名  :「1960年文壇10大ニュース」 ④安保闘争と作家
    掲載情報 :1960(昭和35)年 12月28日 夕刊 3頁 


4.[3]より『新潮』1960年8月号掲載された尾崎の記事の確認と詳細情報
【★6】『昭和文学年表』(浦西和彦,青山毅編集 明治書院 1995.3-1996.12 91026/U84-6/*)
   索引(人物編)→ 尾崎士郎 昭和35年8月

   【当館未所蔵】
   論   題:「文芸家協会」総会にて
   著   者:尾崎士郎
   掲載雑誌:新潮 57(8) 42-43 1960.8.1


以上
<Web最終アクセス:2015/01/27>
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】契約DB『ざっさくプラス』 (雑誌記事索引集成DB。明治初期から現在まで、全国誌から地方で発行された雑誌が検索可能。)
【★2】『国立国会図書館サーチ』< http://iss.ndl.go.jp/ > (国立国会図書館蔵書検索をはじめ様々なデータベースを検索可能)
【★3】春原昭彦 著 , 春原, 昭彦, 1927-. 日本新聞通史 : 1861年-2000年 4訂版. 新泉社, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004120239-00 , ISBN 4787703080 (当館請求記号:070/H34)
【★4】契約DB『聞蔵Ⅱビジュアル』 (朝日新聞記事検索)
【★5】契約DB『ヨミダス歴史館』 (読売新聞記事検索)
【★6】浦西, 和彦 , 青山, 毅 , 浦西, 和彦 , 青山, 毅. 昭和文学年表. 明治書院, 1995. (当館請求記号:91026/U84-6/*)
キーワード
(Keywords)
文芸家協会
尾崎士郎
日米安全保障条約
安保
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
作家研究
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000166677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!