このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166056
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2014-10
事例作成日
(Creation date)
2015年01月08日登録日時
(Registration date)
2015年01月13日 16時01分更新日時
(Last update)
2016年01月29日 15時54分
質問
(Question)
西欧における色のイメージについて知りたい。具体的には青い目と緑の目の象徴するものについて調べている。
「緑の目は嫉妬深い」というイメージが欧米ではある(シェイクスピアがそのように表現したらしい)。そのような内容がわかる資料を探したい。

[質問の背景]
次のような内容の物語より、青と緑の象徴するものを調べている。
緑の目をした魚がいた。あいつは嫉妬深い魚だ、と敬遠していたが、つきあう内に実はそうじゃないと気がついた。そのうち、あいつの目は緑じゃなくて青だ、というようになった。
回答
(Answer)
色を中心に資料を探しましたが、色だけでなく、「目」が象徴しているものにも注目して調べるとよいかもしれません。
詳細は回答プロセスを参照してください。
また、作家自身の意識、意図が反映され、一般的な解釈では充分でない可能性もあります。その作品の研究書、文献などから色の象徴を探る、という調べ方も必要かもしれません。
回答プロセス
(Answering process)
1.レファレンス事例からヒントを探す
 「リサーチ・ナビ(国立国会図書館)」< http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
  キーワード:「色 印象 心理」「色 イメージ」
   【★11】「色からイメージする人間の感情(例えば赤なら激しい、熱い等)をまとめた本はありますか?」
   (浜松市立中央図書館事例)
    【★1】『色の百科事典』
      p124~ 色彩感情についての考察、連想・象徴的意味
    【★2】『サイン・シンボル大図鑑』
      p280~283「色彩」、p107「目」

2.1の参考文献より
 【★3】『イメージ・シンボル事典』
  主にヨーロッパの文学作品を中心に現れたシンボル、及びイメージをまとめたもの。
  キリスト教、心理学、文学など、分野別に表す意味をまとめている。
   p70~「blue 青」、 p297~「green 緑色」
   p219~「eye 目」 特に細目「目の色」(p221)に注目

3.図書資料を探す
 3-1.OPACで探す
 ・件名:色 文学
  【★4】『英文学に現われた色彩』
    p41~「色のシンボリズム」 特にp52「green」、p54「blue」
    p106~「green」 p111~「blue」⇒代表的な作家の色彩で表現した文章を取り上げて解説
    p109「green-eyedはしっと深いの意である」と記述あり
 ・キーワード:シンボル 文学
  【★5】『文学シンボル事典』
    p4~「アオ」、 p286~「ミドリ」、
    p294~「メ(目;眼)」 p295「目が緑色に変わると…」
  【★6】『シンボル事典』
    p2「青色」、 p278「緑色」、 p284~「眼」
    p285「青い目は」「緑の目は」記述あり
 3-2.棚をブラウジング(分類:833、757、903を中心に)
  【★7】『英語イメージ辞典』
    p40~「blue」、 p105~「eye」、 p135~「green」
  【★8】『歴史学事典』2 からだとくらし 
    p661~「目」
  【★9】『歴史学事典』3 かたちとしるし 
    p57~「色(西欧の)」

4.論文を探す
 【★10】「マガジンプラス」
    キーワード:色 英文学
   【当館所蔵資料】
    論題:英語の色彩表現をめぐって
    著者:沢登 春仁
    掲載雑誌:フェリス女学院大学英文学研究会会誌 22 ,1-6,1989-03
    p4~「緑の眼で私を見ないで!」


<Web最終確認日:2015/01/20>
以上
事前調査事項
(Preliminary research)
『ヨーロッパの色彩』(ミシェル・パストゥロー著 ; 石井直志, 野崎三郎共訳 パピルス, 1995.2 757/P26)
『イメージ・シンボル事典』(アト・ド・フリース著 ; 山下主一郎主幹 ; 荒このみ [ほか] 共訳 大修館書店, 1984.3 833/V96)
NDC
辞典  (833 9版)
デザイン.装飾美術  (757 9版)
参考図書[レファレンスブック]  (903 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】日本色彩研究所編 , 日本色彩研究所. 色の百科事典. 丸善, 2005-09.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000590937-00 , ISBN 462107542X (当館請求記号:7573/N77)
【★2】ミランダ・ブルース=ミットフォード 著 , 小林頼子, 望月典子 監訳 , Bruce-Mitford, Miranda , 小林, 頼子, 1948- , 望月, 典子. サイン・シンボル大図鑑. 三省堂, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010788543-00 , ISBN 9784385162256 (当館請求記号:7011/B78)
【★3】アト・ド・フリース著 , Vries, Ad de , 山下, 主一郎(1926-) , 荒, このみ(1946-). イメージ・シンボル事典. 大修館書店, 1984-03.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000377943-00 , ISBN 4469012068 (当館請求記号:833/V96)
【★4】遠藤敏雄 著 , 遠藤, 敏雄, 1905-1995. 英文学に現われた色彩. プレス東京教育図書部, 1971.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001273052-00  (当館請求記号:9304/E59)
【★5】マイケル・ファーバー 著 , 植松靖夫 訳 , Ferber, Michael , 植松, 靖夫, 1953-. 文学シンボル事典. 東洋書林, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007920358-00 , ISBN 4887216963 (当館請求記号:903/F21)
【★6】水之江有一 編 , 水之江, 有一, 1941-. シンボル事典. 北星堂書店, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001789890-00 , ISBN 4590007355 (当館請求記号:903/MI96)
【★7】赤祖父哲二 編 , 赤祖父, 哲二, 1932-. 英語イメージ辞典. 三省堂, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001809280-00 , ISBN 4385107602 (当館請求記号:833/A32)
【★8】尾形勇 [ほか]編 , 尾形, 勇, 1938- , 樺山, 紘一, 1941-. 歴史学事典 第2巻. 弘文堂, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002419399-00 , ISBN 4335210329 (当館請求記号:203/R251/2)
【★9】尾形勇 [ほか]編 , 尾形, 勇, 1938- , 黒田, 日出男, 1943-. 歴史学事典 第3巻. 弘文堂, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002477734-00 , ISBN 4335210337 (当館請求記号:203/R251/3)
【★10】契約DB『Magazine Plus』 (一般誌から専門誌、大学紀要、海外誌紙まで収録した雑誌記事(書誌)データベース)
【★11】色からイメージする人間の感情(例えば赤なら激しい、熱い等)をまとめた本はありますか?(浜松市立中央図書館).
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000006-I000142726-00
キーワード
(Keywords)
シンボル
イメージ
文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言語
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000166056解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!