このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162355
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2014-G1
事例作成日
(Creation date)
2014年11月18日登録日時
(Registration date)
2014年11月18日 21時39分更新日時
(Last update)
2016年04月20日 09時33分
質問
(Question)
京都タワーはなぜ建てられたのか。その目的や建設が決定した過程を知りたい。
回答
(Answer)
◆ 過程
 【資料1】によると、建設の発端となったのは、昭和33(1958)年、京都中央郵便局跡地の活用に関して、京都商工会議所主催の懇談会が開かれ、京都市の財界を結集し新会社の設立を決定したところからである。
 昭和34(1959)年、京都中央郵便局跡地を譲り受け、株式会社京都産業観光センター(現、京都タワー株式会社)が創立され、社屋ビル建設が計画される。昭和36(1961)年、建設委員会が設置され、翌年建設計画の大要がまとまる。しかし、建設計画の段階においてはタワーのような巨大なものは構造上計画にはなかった。ところが、当時の専務が横浜のマリンタワーを見てタワー建設の可能性を考え、棚橋京都大学教授に打診したところ、タワー建設の可能性の見解が示されタワー建設計画が進む。
 一方、昭和39(1964)年2月のタワー建設新聞発表以来、文化人や団体等から反対の声が上がり、マスコミも巻き込んで大論争となった経過もある。経緯や主張については、【資料10】に詳しい記述がある。

 タワー概要:高さ100メートル 重量800トン 延べ面積990.22平方メートル(300.06坪) 工期 昭和39(1964)年2月~12月 総工費38億6500万円(全館タワー含む)
 
◆ 目的
 目的として挙げられるのは、第一に航空法による航空機の航行を援助するための航空保安施設としての機能(航空障害灯の設置)。第二に京都の象徴(シンボル)としての役割である。
回答プロセス
(Answering process)
「京都タワー」をキーワードに本校OPACで検索した。記述があるような資料はまったく所蔵しておらず、京都市図書館での所蔵状況について調査したところ、京都市図書館が上記回答にて示した資料1、資料2、資料3を所蔵していることが判明した。
◆ Googleなどの検索エンジンを使って、kw:"京都タワー"&“目的”で検索する。またkw:"京都タワー"&“建設過程"でも検索する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 9版)
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 9版)
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都タワー十年の歩み』京都産業観光センター社史刊行委員会編、京都産業観光センター、1969
【資料2】『京都タワー二十年の歩み』株式会社京都タワー、1979
【資料3】『京都タワーの歩み 創業二十五周年誌』京都タワー株式会社創業25周年記念・行事実行委員会編、京都タワー株式会社、1985
【資料4】『関西のモダニズム建築 1920年代~60年代、空間にあらわれた合理・抽象・改革』淡交社、2014、p238-243
【資料5】『京都大事典』佐和隆研ほか編、淡交社、1984、p294 “京都タワー”
【資料6】『京都でいちばん京都がいちばん』京都新聞出版センター編、京都新聞出版センター、2010、p74-75
【資料7】『京都の歴史 9 世界の京都』京都市編、学芸書林、1976、p518-519
【資料8】『建築MAP京都』ギャラリー・間編、TOTO出版、1998、p26
【資料9】『京都タワーで朝風呂を 千年の都は発見がいっぱい!』カツヤマケイコ、双葉社、2009、p106-107
【資料10】『古都の破壊 京都タワー反対の論点』京都を愛する会、1964
【資料11】『京都タワーの歩み 創業50周年誌』京都タワー編、京都タワー、2009
【資料12】『京都府百年の年表 7 建設・交通・通信編』京都府立総合資料館編、京都府、1970、p288
【資料13】『京都事典』村井康彦編、東京堂出版、1979、p114
【資料14】『京都観光学のススメ』井口和起ほか、人文書院、2005、p116-118
【資料15】『このタワーがすごい! 東京スカイツリーから「太陽の塔」まで』鈴木重美、中央公論新社、2011、p61-63
【資料16】『京都フィールドワークのススメ-あるく・みる・きく・よむ 』鵜飼正樹ほか編、昭和堂、2003、p58-59
【資料17】『第1回京都検定問題と解説』京都新聞社出版センター編、京都新聞出版センター、2005、p101
【資料18】『週刊京都を歩く №22』伊藤裕編、講談社、2003、p21
【資料19】『京都新聞』1964(昭和39)年4月4日、14面
【資料20】『京都新聞』1964(昭和39)年12月25日、18面
【資料21】『京都新聞』2014(平成26)年12月16日、29面
【資料22】京都タウンマップ http://www.kyototownmap.com/page/tower.html/ (2015年1月21日確認)
【資料23】京都タワー株式会社 http://www.kyoto-tower.co.jp/kyototower/index.html (2015年1月21日確認)
【資料24】京都タワー研究会 http://blog.livedoor.jp/tawaken/archives/51210788.html (2015年1月21日確認)
キーワード
(Keywords)
京都タワー
京都産業観光センター
都市計画-京都市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000162355解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!