このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162168
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 14-0120
事例作成日
(Creation date)
2014/04/26登録日時
(Registration date)
2014年11月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年11月14日 00時30分
質問
(Question)
社寺の敷地を表す“境内”と云う語に対する教会の敷地を指す語は何か。
回答
(Answer)
A 境内については、国語辞典では、二つの意味が説明されている。
・(1)境界の内側、仕切りの内部。(2)特に神社や寺院の敷地の内側。(『日本国語大辞典』)
・(1)境界のうち。(2)社寺の境域の内。(『広辞苑』)
 ⇒ いずれも神社、寺院を指す意味を説明している。
このため、神社、仏教関係の辞典を調査。
・神社が鎮座する敷地をいう。神社には社殿をはじめ様々な建造物や工作物が設置されており、祭典の執行や公衆の参拝、あるいは神社の尊厳を維持するためには、ある一定の空間・土地が必要である。この空間・土地を神社の境内地という。(境内地『神道事典』)
・境界の内側の意。(中略)聖域として普通の土地とは区別される。(『仏教大事典』)

B 宗教法人法においては宗派の別なく“境内”という語で所有する土地や建物の範囲を一括して規定している。
・「(境内建物及び境内地の定義) /第三条  この法律において「境内建物」とは、第一号に掲げるような宗教法人の前条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の建物及び工作物をいい、「境内地」とは、第二号から第七号までに掲げるような宗教法人の同条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の土地をいう。 宗教法人法また、辞典においても“境内”の説明に置いて、社寺以外にも教会を含むものもある。(詳細略)(『宗教法人法』)

C 境内を英語で説明するとどうなるか、和英辞典を調査した。
・「the precincts;the grounds;a compound;a close」 (『研究社新和英大辞典 第5版』)
  ⇒ 用例として“神社の境内において”は「in the precincts of a shrine」となっています。
 “precincts”は、教会・公共物などの区切られた地域、構内を指す言葉ですが、教会に限定する言葉というわけではない。
 キリスト教関係の資料においても、precinctsについて、教会に意味を限定するような適当な和訳は見当たらなかった。

 ⇒ 教会を指す用語の中において社寺を指す「境内」のような語は見当たらない。ただし、法律上の規程では、神社と同様、教会の敷地内の土地、建物については“境内”という用語を用いて説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宗教  (160 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 広辞苑 新村/出?編 岩波書店 2008.1 813.1/KO

2 日本国語大辞典 第4巻 きかく-けんう 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2001.4 813.1/NI/4

3 仏教大事典 小学館 1988.7 180.3/B

4 神道事典 国学院大学日本文化研究所∥編 弘文堂 1994.7 170.3/SH

5 研究社新和英大辞典 渡邉/敏郎?編 E.R.Skrzypczak?編 研究社 2003.7 833/KE
キーワード
(Keywords)
境内
教会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000162168解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決