このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162018
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-742
事例作成日
(Creation date)
20141111登録日時
(Registration date)
2014年11月11日 11時41分更新日時
(Last update)
2015年07月23日 17時43分
質問
(Question)
北半球と南半球では虹の色の配列は逆になるか?
たとえば、主虹と副虹では色の配列は逆になる。
回答
(Answer)
『ブリタニカ国際大百科事典』、資料1~7を調査したが、北半球南半球での違いに関する記述見つけられず。
副虹は水滴の中を光が2度通過するため色の配列が逆になる(『気候学・気象学辞典』『岩波理化学辞典』『ブリタニカ15巻』p64 などに説明)。

※その後、下記の情報提供あり(2015/7/15)

『日本大百科全書』(小学館) 「虹」の項目
オンラインデータベース ジャパンナレッジ Lib( http://japanknowledge.com/lib/ 2015/07/15 最終確認)を、“虹”で検索
→「虹は一種の自然現象であって、世界中どこでも虹の現象には本質的な差異がない」と記述。

Google画像検索オプションを利用しオーストラリアの虹写真を確認
→ 配列は逆にはなっていないよう。
https://www.google.co.jp/advanced_image_search
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 8版)
参考資料
(Reference materials)
資料1 『気象学・気候学辞典』二宮書店 1983 (PV:0000675939 451=L3)
資料2『岩波理化学辞典』 岩波書店 1998 (PV:6000182675 403=M8)
資料3『気象の事典』平凡社 1999 (PV:6000211215 451=M9)
資料4『「図説」虹の文化史』河出書房新社 2013 (PV:7200362746 451=P3)
資料5『虹をつくる:虹の見え方と光』小峰書店 2014 (PV:7200379257 40=P3=6)
資料6『虹:その文化と科学』恒星社厚生閣 1999 (PV:6000252999 451=M9)
キーワード
(Keywords)
北半球
南半球
色彩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000162018解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!