このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160449
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000000603
事例作成日
(Creation date)
2014/06/14登録日時
(Registration date)
2014年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月26日 15時13分
質問
(Question)
牛の解体についてわかりやすく書いている本はあるか。牛はすべての部分が利用され、人間の生活に役立てられていることの説明もあるとなおよい。(学校図書館より)
回答
(Answer)
『いのちの食べ方』『きみの家にも牛がいる』などをご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
児童書の畜産(645)農業一般(610)などの書架を探す。
『生きものとつくるハーモニー 2 自然の中の人間シリーズ 農業と人間編7』(農山漁村文化協会)p22「骨まで愛して 丸ごと利用の畜産物加工」に、牛のと殺・解体の様子がカラー写真であり。p23には牛の肉の部位の説明と、内臓や皮革や骨・血液・ひづめなどがどのように利用されるかの説明があり。
『きみの家にも牛がいる』(解放出版社)は牛の利用についての絵本で、牛の解体から肉屋さんに並ぶまでと、皮からコラーゲンやゼラチンがとれることなど、肉以外の利用について扱っている。
『おかあさん牛からのおくりもの』(北海道新聞社)には、牧場での乳牛の暮らし(酪農)のほか、乳しぼりをストップした牛や肉牛の解体加工と、内臓や皮・脂肪などの利用についての説明やイラストがあり。
『めざせ!切り身マイスター 切り身の図鑑 2 肉』(星の環会)p42-43「ぶた肉と牛肉の流通・加工」には牛の出荷から食肉市場・仲卸業者までの流れと、と畜の簡単なイラストがあり。
『いのちの食べ方』(イースト・プレス)p51-57「お肉ができあがるまで」「職人さんの名人芸」には、牛の解体の文章での描写と、牛は鳴き声以外は捨てるところがないといわれたことや、各部位の利用方法などの記載があり。

なお、下記の資料には、牛の解体について詳しい説明は載っていなかった。
『農家になろう 1 乳牛とともに』(農山漁村文化協会)
『肉・果実はどこからくるの? 自給力でわかる日本の産業 3』(学研)
『そだててあそぼう 60 乳牛の絵本』(農山漁村文化協会)
『そだててあそぼう 64 肉牛の絵本』(農山漁村文化協会)と殺について簡単な記載あり
『「肉」「魚」がよくわかる絵事典』(PHP研究所)
『すがたをかえる肉 身近な食べもののひみつ6』(学研)
『わたしたちのくらしと家畜 1 家畜ってなんだろう』(童心社)
『わたしたちのくらしと家畜 2 家畜にいま何がおきているのか』(童心社)
『食育にやくだつ食材図鑑 4 肉・たまご』(ポプラ社)
『日本の農業 5 牛や豚をそだてる』(岩崎書店)
『つくって知ろう!かわ・皮・革 太鼓』(解放出版社)p12に皮の加工の説明あり
『つくって知ろう!かわ・皮・革 靴』(解放出版社)
『いのちをいただく』(西日本新聞社)食肉加工センターに勤めるお父さんの話
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 9版)
参考資料
(Reference materials)
『自然の中の人間シリーズ 農業と人間編 7』農林水産省農林水産技術会議事務局/監修(農山漁村文化協会)
『きみの家にも牛がいる』小森 香折/作(解放出版社)
『おかあさん牛からのおくりもの』松岩 達/文(北海道新聞社)
『切り身の図鑑 2』こどもくらぶ/編(星の環会)
『いのちの食べかた』森 達也/著(イースト・プレス)
キーワード
(Keywords)
牛(ウシ)
解体(カイタイ)
畜産(チクサン)
農業(ノウギョウ)
食肉(ショクニク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000160449解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!