このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158861
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001003455
事例作成日
(Creation date)
2014/07/03登録日時
(Registration date)
2014年08月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月25日 00時30分
質問
(Question)
「十七条憲法」成立時の、政治的、外交的な情勢について、
また、それらが関係した、同法成立時の背景について、調べています。

歴史の授業で、
・豪族同士の権力争いを避け、天皇を中心に団結するため
・また、隋などの諸外国に、対抗するため
と、習った様な記憶がありますが…

参考になるような資料があったら、紹介してください。
回答
(Answer)
「十七条憲法」に関しましては多くの文献が刊行されています。調査しました資料の中から数点下記に紹介します。
・『日本の名著2:聖徳太子』(中央公論社 1977)
巻頭に「聖徳太子となら仏教」(中村元/著)が収録されており、十七条憲法の成立に関する記述があります。

・『飛鳥時代の政治と王権』(前田晴人/著 清文堂出版 2005.1)
第Ⅰ部が「憲法十七条と飛鳥仏教」と題されており、憲法十七条の歴史的背景などについての記述があります。

・『推古朝と聖徳太子』(森田悌/著 岩田書院 2005.9)
「第三章:推古朝の政治改革」に「冠位十二階と十七条憲法」「朝鮮半島を巡る外交の展開」と題する文章が収録されています。

・『日本古代国家論 第1部:官僚制と法の問題 』(石母田正/著 岩波書店 1982)
「Ⅳ古代法小史」に十七条憲法に関する記述があります。 

・『日本思想大系2:聖徳太子集』(岩波書店 1976)
家永三郎著の解説が収録されており、十七条憲法成立に関する記述があります。

・『聖徳太子の歴史を読む』(上田正昭/共編著 文英堂 2008.2)
第2章が「聖徳太子の国政と仏教興隆」と題されており、外交を含めた記述のある論文が収録されています。

また、十七条憲法の文献目録がインターネット上で公開されていました。参考までに紹介します。
CiNii Articles (日本の論文を探す)を開き、「憲法」「十七条」をキーワードに検索してください。数件の論文がヒットします。その中に下記の論文があり、一般に公開されています。
・聖徳太子『憲法十七条』関係研究文献目録(稿) (京都産業大学法学会四十周年記念論集) 所 功
『産大法学』 40(3/4)(京都産業大学 2007.3)p.918-932
http://ksurep.kyoto-su.ac.jp/dspace/handle/10965/590 (2014/7/3現在)

[事例作成日:2014年7月3日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本の名著 2 中央公論社 (7-88)
飛鳥時代の政治と王権 前田/晴人∥著 清文堂出版 (15-71)
推古朝と聖徳太子 森田/悌∥著 岩田書院 (119-176)
日本古代国家論 第1部 石母田/正∥著 岩波書店 (180-190)
日本思想大系 2 岩波書店 (475-483)
聖徳太子の歴史を読む 上田/正昭∥共編著 文英堂 (78-190)
キーワード
(Keywords)
十七条憲法(ジュウナナジョウケンポウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000158861解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決