このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152500
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-277
事例作成日
(Creation date)
2014年03月27日登録日時
(Registration date)
2014年04月21日 09時15分更新日時
(Last update)
2014年04月21日 09時15分
質問
(Question)
大正時代に岡崎にあった遊園地、京都パラダイスについて知りたい。
回答
(Answer)
京都パラダイスは、『地図で読む京都・岡崎年代史』のp16によると、大正11年8月に開園した5千坪を超える遊園地で、場所は現在の京都市美術館の南側一帯にあたる。奥村電機が造営した複合レジャー施設で、遊具施設やレストラン、音楽堂、温泉などがあり、余興場では「パラダイス歌舞劇」と呼ばれる少女歌舞劇や映画が上演されていたが、第一次世界大戦の不況等により3年も満たないうちに閉園した。

京都パラダイスについては、『京都岡崎の文化的景観調査報告書』の巻末図版28に当時の広告が掲載されており、園内の見取り図と出店していた料理屋が記載されている。また、京都パラダイスで催された少女歌舞劇の筋書として『[京都パラダイス筋書]』『[京都演劇関係公演筋書]』を所蔵している。

また、当時の観光案内書である『京都案内』(京都市役所 1924年)のp24、『京都案内』(東枝書店 1925年)のp118にも簡易な説明が記載されている。京都パラダイスの場所については、『京都案内』(東枝書店 1925年)のp72~73に記載されている地図や1925年の『最新標準京都市街図』で確認できる。

なお、2013年10月16日の『京都新聞』の連載記事「京滋モダン観光の誕生」の「遊園地へ行こうその3」に京都パラダイスが取り上げられている。
回答プロセス
(Answering process)
1.岡崎公園に関する資料(K12/291.62、K1/518.85)を調べた。

2.京都府立総合資料館・京都府立図書館の蔵書検索システムで、キーワード「京都パラダイス」や「パラダイス」を検索した。

3.大正期の京都の観光案内書や地図(K1/291.62)を調べた。

4.最近の新聞の連載記事に該当するものがあったので、『京都新聞』を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地図で読む京都・岡崎年代史』 京都岡崎魅力づくり推進協議会/編刊 2012年 32p 当館請求記号K12/518.85/Ky6
『京都岡崎の文化的景観調査報告書』 国立文化財機構奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室/編 京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課 2013年 231p 図版13枚 当館請求記号K12/291.62/N51
『[京都パラダイス筋書]』 京都パラダイス/編刊 1924年 1冊 当館請求記号K/770.4/Ky6
『[京都演劇関係公演筋書]』 [京都府立総合資料館編綴] [1923-1990年] 1冊(22冊50枚合綴) 当館請求記号K1/770.4/Ky6
『京都案内』 京都市役所/編刊 1924年 42p 当館請求記号K1/291.62/Ky6
『京都案内』 東枝吉兵衛/編 東枝書店 1925年 371,16p 当館請求記号K1/291.62/H55
『最新標準京都市街図』 藤田元春/[編] 東枝書店 1925年 地図1枚 当館請求記号K1/291.62/F67
『京都新聞』 京都新聞社/編刊 当館請求記号シ/キヨウ/K
キーワード
(Keywords)
京都パラダイス
遊園地
岡崎公園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000152500解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決