このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151781
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20140403-1
事例作成日
(Creation date)
2014年04月03日登録日時
(Registration date)
2014年04月03日 15時12分更新日時
(Last update)
2014年04月08日 16時00分
質問
(Question)
伊藤博文が明治4年に岩倉使節団の副使として渡米した際、サンフランシスコでの歓迎会に英語のスピーチで応えた「日の丸演説」の原文と和訳を読みたい。
回答
(Answer)
 日本語の演説原稿は、資料2の「伊藤博文演説集」のほか、資料3「伊藤博文伝」などに見つけることができる。原文については、1872年刊行のチャールズ・ランマンの著作「The Japanese in America.」の中に見つけ出すことができる。
回答プロセス
(Answering process)
◆ 自館OPACを使って、Kw:“伊藤博文”で検索をする。
 ⇒ 資料1の「伊藤公全集」が見つかるが、明治四年の演説は見つけられない。資料2の「演説集」の冒頭 p.13-15には、明治四年十二月十四日(サンフランシスコ)としていわゆる『日の丸演説』の日本語文が収録されている。またその出典は(春畝公追頌会『伊藤博文伝 上巻』統正社、一九四〇年)と記されている。

◆ Googleなどの検索エンジンを使って、Kw:“日の丸演説”&“伊藤博文”で検索をする
 ⇒ 資料5の「米欧亜回覧の会」の鵜飼直哉氏による、チャールズ・ランマンの1872年の著作 「The Japanese in America」 に関する詳細な書誌解題(資料4)が見つかる。「日の丸演説」の原文はその著作に見つけられるとある。

◆ Googleなどの検索エンジンを使って、Kw:“The Japanese in America”&“Lanman, Charles”で検索する。
 ⇒ Open Libraryには著作権保護期間の経過した、New York版とLondon版の出版地の異なるデジタルアーカイブがそれぞれ見つかる。これらはオンラインで読むことができる(資料6と7)。
(・ https://openlibrary.org/books/OL13515332M/The_Japanese_in_America.  last_access:2014-04-03)
(・ https://openlibrary.org/books/OL7188897M/The_Japanese_in_America.  last_access:2014-04-03)

 本文 Pt.Ⅰ.「The Japanese embassy.」の p.13の中段から、“The Vice-Ambassador Ito, in furtherance of the responce, read the following words in a clear voice, so as to be distinctly understood by all present:”の後に続いて、この時31歳の伊藤公のスピーチ全文(約1,200語)が3ページに渡り記されていて読むことができる。

◆ また資料10の「サムライと英語」の p.134-137 には、「日の丸演説」の原文のエッセンスと部分訳が示されている。



〔参考 Wikipedia:伊藤博文〕
http://bit.ly/1lCY7pE  last_access:2014-04-03)
〔参考 Wikipedia:Charles Lanman〕
http://bit.ly/1dP3nUH  last_access:2014-04-03)
事前調査事項
(Preliminary research)
○ 古川薫.“サンフランシスコの晩餐会”(『獅子の廊下の陰謀』に所収)に伊藤公がスピーチの構想を、グランド・ホテルのトイレで練ったエピソードが小説の中で紹介されていた。
NDC
個人伝記  (289 9版)
政治史.事情  (312 9版)
読本.解釈.会話  (837 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.伊藤博文 著 , 小松緑 編. 伊藤公全集 第二卷. 伊藤公全集刊行会, 1927.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001453839-00  (本学所蔵 310.8//I89//2)
【資料2】.伊藤博文[述], 瀧井一博 編. 伊藤博文演説集. 講談社, 2011. (講談社学術文庫 ; 2063)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011229215-00 , ISBN 9784062920636 (本学所蔵 000//講談社学術文庫//2063)
【資料3】.春畝公追頌会 編. 伊藤博文伝 上. 原書房, 2004. (明治百年史叢書 ; 143巻)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001869807-00 , ISBN 4562100443 (本学所蔵 210.6//Me25//143)
【資料4】.鵜飼直哉.資料研究 : Charles Lanman著 “The Japanese in America” (1872).2011,15p.
(【PDF】 http://www.iwakura-mission.gr.jp/tokubetu-kikou/ukai-2a.pdf  last_access:2014-04-03)
【資料5】.NPO法人 米欧亜回覧の会 公式Website : 
http://www.iwakura-mission.gr.jp/  last_access:2014-04-03)
【資料6】.Internet Archive Website : New York Public Library > Lanman, Charles. The Japanese in America. 1872.352p.
https://archive.org/details/japaneseinameric00lanm  last_access:2014-04-03)
【資料7】.Internet Archive Website : University of California Libraries > Lanman, Charles. The Japanese in America. 1872.406p.
https://archive.org/details/japaneseinameric00lanmrich  last_access:2014-04-03)
【資料8】.Lanman, Charles,岡村喜之編. Leaders of the Meiji restoration in America. : 岩倉公一行訪米始末書. 北星堂出版, 1931.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000006251265-00
【資料9】.国立公文書館 アジア歴史資料ンター : 公文書に見る岩倉使節団
http://www.jacar.go.jp/iwakura/index3.html  last_access:2014-04-03)
【資料10】.明石康, NHK「英語でしゃべらナイト」取材班 [著] . サムライと英語. 角川書店, 2004. (角川oneテーマ21)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007355476-00 , ISBN 4047041653
キーワード
(Keywords)
伊藤 博文
日の丸演説
岩倉使節団
チャールズ・ランマン(Lanman, Charles)
名演説
名スピーチ
明治期
遣米使節団
日米外交史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
○ 更新の履歴
・2014-04-03に新規登録した内容に、資料10の情報を2014-04-08に追記しました。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000151781解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!