このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150752
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2014-1
事例作成日
(Creation date)
2013/09/18登録日時
(Registration date)
2014年03月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月19日 09時26分
質問
(Question)
スズムシの卵の保管方法について知りたい。小学生でもわかるように書かれた本はあるか。
回答
(Answer)
スズムシの卵の冬越し方法については、次の資料に掲載されている。
主な内容は
・飼育ケースの中のふんや死体などを取り除く
・乾燥しないように、ケースとフタの間にビニールをはさむ
・直射日光のあたらない場所、暖房の入らない場所に置く
・湿度の管理をする(乾燥しすぎ、湿らせすぎに注意する)

(1)『近所の虫の飼いかた 2 スズムシ・バッタ・カマキリほか』(海野 和男 文・写真 偕成社 1999.3)
p7「卵の保管」 比較的詳しく書かれている。p5に「適度な湿りけ」についての説明もある。

(2)『クワガタムシ・カブトムシ・スズムシなどの飼い方』(狩野 晋 監修 成美堂出版  2001.5)
p85「スズムシの卵と幼虫を管理する 冬越しのしかた」

(3)『スズムシくん』(木坂 涼 文 福音館書店 2013.6)
p32 あとがき(大人向け)にスズムシの卵を次の春までどうやって面倒をみるかについて書かれている。

(4)『昆虫のかいかたそだてかた』(三枝博幸 文 岩崎書店 1993.8)
p27「たまごの冬ごしのさせかた」 

(5)『スズムシ』(吉家世洋 構成・文 あかね書房)
ページ付なし「湿度や温度に気をつけてたまごをかえそう」

(6)『鳴く虫の飼い方 (グリーンブックス)』(小野公男 著 ニュー・サイエンス社 1983)
p8「冬間の管理」 一般書。冬越しを失敗する理由が書かれている。

(7)『完全図解虫の飼い方全書 採集から冬越しまで』(東陽出版1999.3)
p54「コオロギ科の卵の管理、冬越しのさせかた」 一般書。スズムシ単体ではなく、コオロギ科の虫について記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
(1)NDC486の書架から昆虫の飼い方が載っている資料の内容を確認。
(2)「スズムシ」または「鳴く虫」で蔵書検索し、資料の内容を確認。
(3)『動物・植物の本全情報』(日外アソシエーツ)の「スズムシ」「鳴く虫」の項目の所蔵している資料の内容を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486 9版)
参考資料
(Reference materials)
『近所の虫の飼いかた 2 スズムシ・バッタ・カマキリほか』(海野和男 文・写真 偕成社 1999.3)(0600194223)
『クワガタムシ・カブトムシ・スズムシなどの飼い方』(狩野晋 監修 成美堂出版 2001.5)  (9600722617)
『スズムシくん』(木坂涼 文 福音館書店 2013.6)(0600479770)
『昆虫のかいかたそだてかた』(三枝博幸 文 岩崎書店 1993.8)(9600043815)
『スズムシ』(吉家世洋 構成・文 あかね書房 1988.6)(9600598294)
『鳴く虫の飼い方 (グリーンブックス)』(小野公男 著 ニュー・サイエンス社 1983)(9600135532)
『完全図解虫の飼い方全書 採集から冬越しまで』(東陽出版1999.3)(1101640616)
キーワード
(Keywords)
鈴虫(スズムシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000150752解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!