このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000148762
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2013-060
事例作成日
(Creation date)
2013年11月12日登録日時
(Registration date)
2014年01月31日 18時59分更新日時
(Last update)
2014年03月20日 17時10分
質問
(Question)
研修、セミナー等の講師料の基準(平均)について書かれた資料がみたい。
回答
(Answer)
講師料について記述のあった以下の資料を紹介する。
図書
『業種別審査事典 7 サービス関連(情報通信、広告、コンサルタント)学校・地公体』(金融財政事情研究会編 金融財政事情研究会 2012)
『なる本中小企業診断士』(木村憲二編著 週刊住宅新聞社 2001)※中小企業診断士についてのみ
『最新有名講師・講演料700人情報』(日本実業出版社編 日本実業出版社 2001)
『講師・講演専門家1100人データブック』(日本能率協会編 日本能率協会マネジメントセンター 1998)

オンラインデータベース
《JRS経営情報》(経営ソフトリサーチ)
「謝礼の基準と支払いの仕方」

インターネット情報
個人ブログ記事《講師料 相場 講師料・講演料の目安 聞きたくてもずばり聞けないお金の話(1)》
《大阪市》「講師に係る謝礼金の取扱基準について」( http://www.city.osaka.lg.jp/jinji/page/0000201649.html  大阪市 2014/01/31最終確認)
《経済産業省》「「謝金の標準支払基準」の改定について」( http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/syakin.pdf  経済産業省 2014/01/31最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈講師〉〈コンサルタント〉で検索する。
『業種別審査事典 7 サービス関連(情報通信、広告、コンサルタント)学校・地公体』
セミナー事業
p597「審査のポイント」
「研修会社の登録講師は1日30万~50万円程度の謝金であることが多いが、(中略)登録講師の派遣においては、講師料の10~20%程度が研修会社への手数料である」とあり。

中小企業診断士の講演料については以下の記述あり。
『なる本中小企業診断士』
p21「中小企業診断協会の調査による平均講演料(1時間)6万円
  筆者の経験による講演料(1時間)3~10万円」

平均価格ではないが、講演料について下記の資料あり。
『最新有名講師・講演料700人情報』
政治・経済、経営・ビジネス、スポーツ・健康など9ジャンルの講師の講演料について、時間と料金の目安あり。

その他講演の条件なども記載あり。
『講師・講演専門家1100人データブック』
政治・社会一般、金融・経済、能力開発など16のジャンルの講師を紹介している。
講師によっては講演料について記載あり。

オンラインデータベースの調査
《JRS経営情報》を〈セミナー〉〈講師〉で検索する。
「謝礼の基準と支払いの仕方 講師謝礼の相場はあるようでないというのが実情である。一般的にはテーマの難易度、受講者の階層、受講者人数、期間・時間・時期などの研修形態などによって異なる。(以下略)」とあり。
「セミナー業」
業界の特徴、今後の動向等の記述はあるが、講演料についての記述なし。

インターネットでの調査
《Google》を〈講師 & 費用〉で検索する。
個人ブログ《講師料 相場 講師料・講演料の目安 聞きたくてもずばり聞けないお金の話(1)》に
「杉並区教員研修講師謝礼支払い基準 」等のリンクあり。

〈謝礼 & 基準〉で検索する。
《大阪市》「講師に係る謝礼金の取扱基準について」
《経済産業省》「謝金の標準支払基準」の改定について」

その他調査済み資料
『業種別業界情報 2013年版』(中小企業動向調査会編著 経営情報出版社 2013)
《Google》を〈講演料 & 相場〉で検索する。
《一般社団法人人材開発支援協会》「講師料の決め方」には具体的な金額なし。( http://www.hrdsa.or.jp/instructors.html  2014/01/31最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
『業種別審査事典 7 サービス関連(情報通信、広告、コンサルタント)学校・地公体』(金融財政事情研究会編 金融財政事情研究会 2012), ISBN 4-322-11893-3
『なる本中小企業診断士』(木村憲二編著 週刊住宅新聞社 2001), ISBN 4-7848-0341-6
『最新有名講師・講演料700人情報』(日本実業出版社編 日本実業出版社 2001), ISBN 4-534-03214-5
『講師・講演専門家1100人データブック』(日本能率協会編 日本能率協会マネジメントセンター 1998), ISBN 4-8207-1287-X
キーワード
(Keywords)
講師料
講演料
セミナー
謝金
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000148762解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決