このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000148750
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中ー2014001
事例作成日
(Creation date)
2006年03月23日登録日時
(Registration date)
2014年01月31日 16時04分更新日時
(Last update)
2015年12月07日 10時19分
質問
(Question)
鎌倉の大仏が露座になったのはいつですか。
回答
(Answer)
いつ露座になったのか、詳しい時期ははっきりしていません。

これまでは、1495(明応4)年もしくは1498(明応7)年の地震で大仏殿が倒壊して以降と考えられていました。
ただし、最近では
◆『鎌倉大日記』によれば1369(応安2)年に大風で倒壊している。それ以後再建されたかどうかは不明。
◆『梅花無尽蔵』の記載から、1486(文明18)年には既に覆堂としての大仏殿はなかったのではないか

といわれているようです。
回答プロセス
(Answering process)
①鎌倉大仏について書かれた資料を見る。
 明応地震の津波で大仏殿が倒壊して以降、再建されず、露座になっているらしい。
 大仏殿を壊した津波をおこした地震については、明応4年と7年の二つの説がある。

②明応4年と7年の地震について書かれた史料も確認して一緒に提示する。

 明応4年の地震については「鎌倉大日記」
 明応7年の地震については「会津塔寺村八幡宮長帳」「妙法寺記(上)」(いずれも続群書類従に所収)

 明応4年の地震については、7年の誤記ではないかという説がある。

③中世の地震被害についての資料を見ていたところ、大仏殿がもっと早い段階になくなっていたのではという説を紹介している文章を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
「中世の鎌倉大仏に関する歴史年表」高橋秀栄編(「鎌倉大仏史研究」創刊号 鎌倉大仏史研究会編集委員会 1996年 p58)【K1 718.5】  ※明応4年説
『鎌倉大仏縁起』鎌倉大仏史研究会 鎌倉大仏高徳院 2002 【K1 718.5】
 ※「大仏縁起」の原文は明応4年8月、解説p141では「明応7年の間違いだろう」とある。
『鎌倉大仏 東国文化の謎」 清水真澄 有隣堂 1979年 【K1 718.5】p173
※明応7年8月説
『鎌倉大仏周辺発掘調査報告書』 鎌倉市教育委員会 平成13年3月 【K1 210.2】p4
「会津塔寺村八幡宮長帳」(『続群書類従 雑部 第30輯(上)』所収)【R 081.5】
「妙法寺記(上)」(『続群書類従 雑部 第30輯(上)』所収)【R 081.5】
『続資料大成 別巻 鎌倉年代記・武家年代記・鎌倉大日記』 竹内理三 臨川書店 1979 【K 210.08】
「中世鎌倉の烈震と復興」 浪川幹夫(『鎌倉』114号 鎌倉文化研究会 2013年2月)【K1 051】
「文献資料にみる鎌倉を襲った中世の大地震」 高橋慎一郎 (『考古学から見た鎌倉の災害 発表資料集(鎌倉考古学研究所第3回シンポジウム)』 鎌倉考古学研究所 鎌倉市教育委員会 2013 【K1 210.2】
『梅花無尽蔵』 万里集九 (『梅花無尽蔵注釈 第一巻』 市木武雄 続群書類従完成会 平成5)【K1 919.4】
 p492~ 文明十八年二月二十四日条
「鎌倉の明応津波 大仏殿は流されたのか」 萬年一剛 (「観測だより」(63),8-12,2013)神奈川温泉地学研究所
  http://www.onken.odawara.kanagawa.jp/files/PDF/tayori/63/onkendayori63-02.pdf (2014年8月31日確認)
『鎌倉大仏の謎』 塩沢寛樹 吉川弘文館 2010 【K1 718.5】p228~229
 ※明応4年と明応7年を併記 「遅くとも明応七年以降再建されず…」
『首都圏の地震と神奈川』 神沼克伊 有隣堂 平成24 【K0 453.2】 P140 大仏殿を流した(?)津波
『特別展 鎌倉震災史』 鎌倉国宝館 2015年 【k1 210.69】 P34 コラム:明応4年8月15日(西暦1495・9.12)の地震と津波について
キーワード
(Keywords)
明応地震
津波
大仏
鎌倉大仏
鎌倉大日記
地震
災害
大仏殿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
◆これまで明応7年の誤記とされていた「鎌倉大日記」明応4年の津波については、相模湾地震で、実際に津波があったという説も出てきた。

 「明応四年の大津波を見た早雲」
   http://www.sengoku-shizuoka.com/topics/izu/009/  (2014年2月26日確認)

◆参考:能代市立図書館 レファレンス

「鎌倉の大仏にはなぜ大仏殿がないのか」
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000045404

◆参考:横浜市中央図書館 レファレンス

「明応7年に起きた地震について、神奈川県内の資料を探しています」
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104441
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000148750解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!