このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142840
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12110008
事例作成日
(Creation date)
2012/11/29登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 18時28分更新日時
(Last update)
2014年04月13日 20時32分
質問
(Question)
モズとヒバリの飛び方の違いについて知りたい。
回答
(Answer)
(モズ)
『モズのくらし』(菅原光二/著 あかね書房 1984.5)
p.51「モズは、とまり木からとまり木へ飛び移るとき、独特の飛び方をします。飛びおりるようにとまり木をはなれ、つぎに、地面すれすれにまっすぐ飛び、とまり木の手前で、急上昇します。」

『モズの話』(唐沢孝一/著 北隆館 1980)
 p.119にも「独特の飛び方」の記事があります。

(ヒバリ)
『ヒバリ』(本若博次/文・写真 偕成社 1988.5)
p.2「巣つくりに適した場所をなわばりにすると、オスは空高く飛んでさえずります。」

『原色日本野鳥生態図鑑 陸鳥編』(中村登流/共著 保育社 1995.2)
p.212「なわばり内の地上から飛び立ち、強くはばたきながら上空に上り、一点に静止したり静かに輪を描いたりしてさえずる空中さえずり」とあります。

『世界大百科事典 24』(平凡社 2005)
p.13「ヒバリ」の項目に「ヒバリの鳴声と飛翔の有様が特徴的なため、昔話の<雲雀金貸>では、ヒバリは借財の返済を督促するために、毎日天にのぼってさえずるのだと語られています。

DBジャパンナレッジで調べると、
『日本国語大辞典』にあげ‐ひばり【揚雲雀】という言葉があり、「〔名〕ヒバリが空に高く舞いあがること。また、そのヒバリ。《季・春》*俳諧・蓼太句集〔1769~93〕春「朝凪やただ一すぢにあげ雲雀」」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 8版)
参考資料
(Reference materials)
『モズのくらし』(菅原光二/著 あかね書房 1984.5) (51)
『モズの話』(唐沢孝一/著 北隆館 1980) (119)
『ヒバリ』(本若博次/文・写真 偕成社 1988.5) (2)
『原色日本野鳥生態図鑑 陸鳥編』(中村登流/共著 保育社 1995.2) (212)
『世界大百科事典 24』(平凡社 2005) (13)
キーワード
(Keywords)
もず ひばり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142840解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!