このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141646
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr287
事例作成日
(Creation date)
2012年09月01日登録日時
(Registration date)
2013年12月08日 11時04分更新日時
(Last update)
2013年12月08日 11時04分
質問
(Question)
明治9年ごろまで、鬼怒川を「絹川」「衣川」と書いたようだが、なぜ変更されたのか。昔は洪水で度々氾濫する川であったと見たが、関係があるか。
回答
(Answer)
1 鬼怒川の洪水について
明治9年前後に、鬼怒川で大きな水害があったという記録は、確認できませんでした。ただし、洪水自体は江戸期から多発していたことが、以下の資料から確認できます。

・『鬼怒川・小貝川 谷原領物語 治水・利水・暮らし・水環境』
(鬼怒川・小貝川流域を語る会/編 国土交通省関東地方整備局下館河川事務所/監修 鬼怒川・小貝川流域を語る会 2005)
p113-116「明治・大正・戦前の水との闘い」に、洪水の記録が記載されていますが、明治9年前後の洪水の記録は記載がありませんでした。

・『鬼怒川小貝川 自然文化歴史』(鬼怒川・小貝川読本編纂会議、編集委員会 鬼怒川・小貝川サミット会議 1993)
p85に「(略)水害の発生は絶えず、明治期になっても同様であった。鬼怒川の場合、明治二十二・二十九・三十五・四十三年と大洪水が発生し、とくに明治四十三(一九一〇)の洪水は鬼怒川改修計画の契機となった。」とあります。

・『水との闘い 西鬼怒川土地改良区沿革概史』(西鬼怒川土地改良区/編 西鬼怒川土地改良区 1975)
洪水の記録としては、享保8年の「五十里大洪水」のほか、明治18年・22年・23年に大きな洪水があったと記されています(p12)。また同ページに「毎年大雨が降ると出水したちまち増量し、西鬼怒川沿岸は惨害を免れることができなかった。」とあります。


2 「鬼怒」の字の使用について
以下の資料を確認しましたが、明確な理由は確認できませんでした。ただ、明治期にも「鬼怒」以外の字を使用している例が確認できます。さらに、日光市にある「鬼怒沼」についても、別の漢字を使用している例が多く見られたので、以下に併せてご紹介します。

・『栃木縣史 第1巻 地理編』(田代善吉/著 臨川書店 1972 下野史談会1933刊の復刻)
p246-280に「鬼怒川』の項があります。ここに
「鬼怒川とは、何時代より其の名があつたものか、上古には毛野國なるを以て毛野川とも唱へたるが、(略)上古は毛野川と称せしことは、続日本紀巻二十九に曰く。(略)平安時代の末頃は絹川と書せしか。義経記に曰く。(略)毛野川、絹川、衣川と書せしも鬼怒川と書するに至りしは近代のことである、徳川時代の日記を見るも明治時代にも絹川と書いたのを見れば、其の筆者が任意の文字を用いたのであらうか。」
とあり、この後の例示で「安積艮齋阿久津より絹川を下るの記」「名勝地誌(鬼怒川、絹川と表記)」「兵要日本地理(衣川と表記)」「小学下野誌(絹川と表記)」が紹介された後、
「以上の如く勝手に其文字を使用せしも普通一般に、鬼怒川と書く様になつたのは、近代のことではなからうか、明治九年五月印刻の、栃木縣治一覧には鬼怒川と書いてある。」
と述べられています。また、
「前述の如く古名毛野河である衣川は後に転じたもの、万葉集には鬼奴、毛野川とは毛野山より出づるといふ義なりと、常陸國誌に曰く、鬼奴川即ち毛野川云々、(略)」
とあります。

・『栃木県史 通史編 8.近現代 (3)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1984)
那須野が原開拓に関する記述部分に掲載されている「那珂川から鬼怒川に達する通船水路の測量請願(明治15年)」という文書では、「鬼怒川」の文字が使われています(p222)。

・『栃木県治提要』(栃木県/編 栃木県 1881)
p8の「河川」の記載部分には「鬼怒川」の字で記載があり、源流についての解説部分には「鬼怒沼」の字で記載があります。ただし、同ページの「湖沼」の記載部分には「絹沼」の字で記載されています。

・『栃木県治一覧表 明治8年』(栃木県 1876)
当館未所蔵の資料ですが、国立国会図書館でデジタル化し、インターネット公開されています。
こちらではp3の「大川」の記載部分に「鬼怒川」、「名勝」の記載部分には「衣川」、「湖沼」の記載部分には「衣沼」の字で記載されています。
【参考】
国立国会図書館 デジタル化資料 『栃木県治一覧表 明治8年』
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/806643

・『小学下野誌 全』(根本丑松/編 内山港三郎 1895)
2丁に「絹川は、源を塩谷郡の衣沼に発し」、4丁に「絹川」、21丁に「鬼怒川」「鬼怒沼」、22丁には「衣沼」「鬼怒川は、源を衣沼に発し、(略)本郡第一の大河なるを以て、昔は國名を負はせて毛野川といへりとなん。」と、様々な表記が混在しています。

・『日本名勝地誌下野國』(野崎左文/著 博文館 1908 東山道之部(上)より抜刷)
p429に「河流には鬼怒川あり源を塩谷郡の衣沼に発して(略)」とあります。

・『鬼怒川物語』(横島広一/著 崙書房 1979)
p3-4に「鬼怒川流域に大洪水が頻発し、その被害の大きかったことは後述するが、その恐ろしさが幾世代にも言い伝えられ、いつか静的な名称の「衣川」「絹川」を、動的面を表した「鬼怒」と書かせていったのであろう。」とありますが、あくまで筆者の推測とのことです。


以下の資料には、特筆すべき記述は確認できませんでした。
・『栃木県史 通史編 6.近現代(1)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1982)
・『栃木県史 通史編 7.近現代(2)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1982)
・『宇都宮市内の河川について 第一編』(浜田秀雄/著 浜田秀雄 1960)
・『とちぎの河川』(栃木県土木部河川課/編 栃木県土木部河川課 1983)
・『鬼怒川・小貝川の舟運再発見』(鬼怒川・小貝川流域を語る会 舟運専門部会/編著 高田印刷 1999)
・『鬼怒川小貝川 水と暮らし』(鬼怒川・小貝川流域を語る会「水利用読本」編纂会議/編 高田印刷 2002)
・『鬼怒川・小貝川を遡る 流域の自然・文化・歴史』(栗村芳實/著 栗村芳實 2003)
・『角川日本地名大辞典 9 栃木県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1984
・『鬼怒川本流上流流域崩壊調査書 1』(栃木県土木部砂防課/編 栃木県土木部砂防課 1953)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
河海工学.河川工学  (517 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
鬼怒川
絹川
衣川
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141646解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!