このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141123
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000009253
事例作成日
(Creation date)
2013年06月25日登録日時
(Registration date)
2013年11月22日 16時20分更新日時
(Last update)
2013年11月22日 16時20分
質問
(Question)
「蟠桃」とはなにか。読みと意味を知りたい。
回答
(Answer)
「蟠桃(はんとう)」は、三千年に一度開花・結実するという桃の木。この実を食べると不老不死だと言われている。
回答プロセス
(Answering process)
1.漢和辞典で読みを確認。『大漢和辞典』巻10(諸橋 轍次/著 大修館書店 1985年)に「蟠桃(ハンタウ)」の項目あり。

2.『日本国語大辞典』第11巻(小学館 2001年)→「蟠桃(はんとう)」の項目あり。「「漢武帝内伝」「漢武故事」などに見え、漢の武帝が西王母を訪れた際にもてなされたとされる。」とある。

3.中国文化に関する事典を確認。
・『中国文化史大事典』(尾崎 雄二郎/編集代表 大修館書店 2013年)→「蟠桃会(はんとうえ)」の項目あり。これによると、「蟠桃」は仙境にあるという桃。東海の度朔山に蟠木という桃の巨木が生えているという古い伝承に由来する。『漢武帝内伝』に7月7日に西王母が降臨し、漢の武帝に3000年に一度実がなる桃を食べさせたとある。
・『中国学芸大事典』(近藤春雄/著 大修館書店 1980年)→「蟠桃会(はんとうかい)」の項目あり。これによると「十洲記」「漢武故事」に「蟠桃」の記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典』巻10(諸橋 轍次/著 大修館書店 1985年) (p89)
『日本国語大辞典』第11巻(小学館 2001年) (p73)
『中国文化史大事典』(尾崎 雄二郎/編集代表 大修館書店 2013年) (p1031)
『中国学芸大事典』(近藤春雄/著 大修館書店 1980年) (p668)
キーワード
(Keywords)
蟠桃
武帝
西王母
中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・「漢武故事」の記述については、『中国古典小説選』第1巻 穆天子伝 漢武故事 神異経 山海経他(竹田晃/編 明治書院 2007年)[資料番号0105223226]p31-32などで確認できる。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
神話・伝説・民話
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141123解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!