このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138340
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20130010
事例作成日
(Creation date)
20111206登録日時
(Registration date)
2013年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月14日 11時35分
質問
(Question)
『世羅郡誌資料』「平野文書」に「少長」「少長副」という肩書が掲載されてるが,どのような役職か。
回答
(Answer)
 参考資料1によると,明治5(1872)年1月の戸長以下職制において「少長は広島にあっては小区,郡中にあっては村の,少長副は広島にあっては町村,郡中にあっては組の,それぞれ「庶務ヲ掌ル」ものとされ」ていた。典拠として,参考資料2に「戸長以下職制 明治五・一・二九[「広島県史料」十四]」が掲載されていた。
 参考資料3には,「明治5年1月の達による職制は次のとおりであった。(略)少長(小村1人,中村2人,大村3人をおき,広島では1小区に1人であった)少長副(50軒の長,広島では小区内の町村に1人)」と記されていた。
 なお,経緯は参考資料4に詳細が記されていた。
回答プロセス
(Answering process)
 『広島県史索引』には「小長」「小長副」があり,該当資料(参考資料1)により,「少長」「少長副」は明治初期の役職であることが分かった。
 広島県における明治期地方自治に関する資料も調査し,確認をした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318)
参考資料
(Reference materials)
1 広島県史 近代1 広島県/編 広島県 1980.03 (p.155-156 広島県の戸籍法施行)
2 広島県史近代 現代資料編1 広島県/編 広島県 1974.03 (p.344 五四 戸長以下職制 明治五・一・二九)
3 広島県市町村合併史 広島県総務部地方課/編 1961 (p.20)
4 明治地方自治制の成立 甲斐英男/著 溪水社 1981
5 世羅郡誌資料 世羅郡誌編集委員会/[編] 芸備郷土誌刊行会 1995 (p.604-605)
キーワード
(Keywords)
地方制度
戸籍法
大区小区制
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000138340解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!