このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137631
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000000861
事例作成日
(Creation date)
2009/10/11登録日時
(Registration date)
2013年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年10月16日 13時38分
質問
(Question)
ホワイトキューブが美術館で採用され始めたのはニューヨークのMoMA(ニューヨーク近代美術館)がはじまりだと言われているが、このことを明記している本はあるか。また、日本で初めにホワイトキューブを採用したのはどこの美術館かの記載があればなおよい。
回答
(Answer)
雑誌『GA JAPAN』'06年9.10月号p43および『谷口吉生のミュージアム:ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展』デルファイ研究所p17(いずれも当市未所蔵、大阪市立中央図書館に所蔵あり)に、ホワイトキューブが美術館で採用され始めたのはニューヨーク近代美術館からとの記述があり。日本で初めてホワイトキューブを採用した美術館についての記載は発見できず。
回答プロセス
(Answering process)
当館の美術館や建築関係の書架を直接探すが、利用者の求める内容はなし。インターネットで「ホワイトキューブ」「MoMA」「ニューヨーク近代美術館」のキーワードを単独もしくは組み合わせて検索。出てきたもののなかから記述がありそうな資料を探し、当市未所蔵のものは他市から取り寄せて内容を確認して、上記資料をご紹介した。

このほか、「ホワイトキューブ」「MoMA」についての記述があった当市所蔵資料は以下。
『美術館いま』(求竜堂)
『美術館ものがたり その歴史とドラマ』(淡交社)
『美術検定 1・2級受験のための』(美術出版社)
また当市未所蔵の資料は以下。
『美術館の可能性』(学芸出版社)
『表象のディスクール 5巻 メディア』(東京大学出版会)
『美術館はどこへ?』(廣済堂出版)
『大型美術館はどこへ向かうのか?』(慶応義塾大学出版会)
『建築設計資料集成 展示・芸能』(丸善)

さらに日本の美術館の歴史について調べる。
『美術館の誕生 美は誰のものか』(中央公論社)
『美術館学入門』(明星大学出版部)
『図解博物館史』(雄山閣出版)
『美術館 新しいミューゼオロジイの視点から』(長谷川栄著)
に日本の美術館の歴史について書かれているが、日本で初めにホワイトキューブを採用したのはどこの美術館であるかの記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
団体  (706 9版)
各種の建築  (526 9版)
参考資料
(Reference materials)
『美術館の誕生』岩淵 潤子/著(中央公論社)
『美術館学入門』井出 洋一郎/著(明星大学出版部)
『図解博物館史』椎名 仙卓/著(雄山閣出版)
『美術館長』谷川 栄/著
『美術館いま』菅原 教夫/著(求竜堂)
美術館ものがたり西岡 文彦/著淡交社
『美術検定』(美術出版社)
キーワード
(Keywords)
ホワイトキューブ
美術館
建築
ニューヨーク近代美術館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000137631解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!