このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136551
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13033011365790
事例作成日
(Creation date)
2013/03/22登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
日本の会社で社員教育や慰労旅行といった福利厚生制度は、いつ始まったのか。また、当時はどのようなことが行われていたのか。
回答
(Answer)
①によると、大正10年、福島県工場協会の設立時の協議事項の中に、義務教育未終了の学齢児童を雇用する工場においては、就学上に必要な措置をとることがあげられている。そのほか、同じく大正年代に福岡県における鉱山立の託児施設が設置されたとある。
②には、明治時代の鉱業において、納屋制度といわれる企業による住宅の提供が行われており、これが後の社宅や独身寮の起源であり、家族持ちは小納屋と呼ばれる長屋に住み、これが社宅の起源であるとする記述がある。しかし、この時代における納屋・飯場における生活はむしろ悲惨なものであったため、1890年代に入って明治政府はそれを廃止し、親方にかわって企業が直接従業員の福祉に乗り出したとある。社宅、給食の提供、米の廉価販売、補助金つきの日用品の販売、労働災害への対処、共済会組織による本人と家族への医療給付、慶弔金支払い制度といったものがあったと紹介されている。
③でも②と同様、明治30年代から紡績工場の女性工員に寄宿舎や各種生活扶助などが給付されたとあり、その後、大正に入り、一部の企業により、社宅や寮、疾病扶助、教養・娯楽施設、日用品販売の給付などがみられるようなったとある。
④では南満洲鉄道株式会社が明治40年に社員養成教育及び社員教育のための教育施設を持っていたことがわかる。また、大正15年に社員会を設置し、社員簡易宿泊所等を経営していたこともわかる。
⑤では、三菱鉱業での福利厚生制度について、創業の明治6年から昭和20年までの具体的な内容がまとめてある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
①田中明『企業福祉論』 北大路書房,1996.3,7,196p. 参照はp35-60.
②橘木俊昭『企業福祉の終焉』 中央公論新社,2005.4,3,202p. 参照はp.23-38.
③川村匡由,亀井節子『産業福祉論』 ミネルヴァ書房,1998.10,8,211p. 参照はp.10-12.
④近現代資料刊行会企画編集『植民地社会事業関係資料集「満洲・満洲国」編13』 近現代資料刊行会,2005.9,245p. 参照はp.27-54.
⑤崎山俊雄ほか「戦前期の旧三菱鉱業株式会社における福利厚生制度の変遷について」『日本建築学会大会学術講演梗概集』,2007.8,p.459-460.
キーワード
(Keywords)
企業
労務管理
福利厚生
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013033011343765790
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136551解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!